天気予報

26

23

みん経トピックス

なんばに魚屋代表英国式楽団道頓堀で体験型脱出ゲーム

なんばウォークに「お菓子の神社」 チョコ20キロ、マカロン3500個使い

なんばウォークに「お菓子の神社」 チョコ20キロ、マカロン3500個使い

お菓子で作られた縁結び神社

写真を拡大 地図を拡大

 大阪・難波の地下街「なんばウォーク」内クジラパークで2月10日、「お菓子の縁結び神社」の完成セレモニーが行われた。

学生となんばワンによる除幕式の様子

 お菓子で作られた「縁結びなんばワン神社」は、同地下街のバレンタイン企画の一環として毎年行われているもので、今年で9回目。パティシエを目指す大阪調理製菓専門学校(泉大津市)の、1、2年生の36人が作成した。今年は、縁結びの神として有名な地主神社の協力を得て鳥居や社殿をデザイン。昨年10月からお菓子のパーツ準備を始め、8日に設置した。

 使った材料は、チョコレート約20キロ、クッキー約1200枚、マカロン約3500個のほか、パン細工など。鳥居の高さは約3メートル、社殿は高さ2メートル、幅3メートル、奥行き1.8メートルの巨大サイズ。今年は、初の試みである恋占いの石も登場。「卵白と粉糖を混ぜたアイシングクリームを使って作った。扁額(へんがく)と社殿裏の絵に特にこだわった」と、リーダーの製菓総合本科2年生の西村研吾さんは話す。

 10日に行われたセレモニーでは、学生となんばウォークのゆるキャラ「なんばワン」らが参加。除幕式の後には、マジパンで作られた果物を神社に奉納した。西村さんは制作を振り返って、「ライブ制作時には、通行人のお客さまに励ましの声を頂いたり、4歳~5歳の子どもがレシートの裏に『頑張ってね』と書いた手紙を渡してくれたりと、さまざまな応援の下、完成した。来ていただいた方が笑顔になれるような神社に仕上がったと思う」と笑顔を見せた。

 11日からは、地主神社へ奉納して恋愛成就を祈願する「なんばワン絵馬」(各日先着800枚)や、「なんばワン恋みくじ」(同2000枚)も配布する。

 お菓子の縁結び神社は今月14日まで展示する。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

高島屋大阪店7階グランドホールで9月28日、展覧会「原安三郎コレクション 広重ビビッド」が始まった。10月11日まで、同店では「NIPPONものがたり」という日本のもの作りにフォーカスをあてる企画を実施中。その中で歌川広重の作品を題材にした商品を販売している。写真は「MISOKA」の歯ブラシ(4本セット)=4,320円。6階バス・トイレタリー売り場で販売。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング