道頓堀で女子大生らが「巻きずし丸かぶり」-優勝は地元商店街チーム

準優勝した甲南女子大学チーム

準優勝した甲南女子大学チーム

  •  
  •  

 道頓堀川遊歩道「とんぼりリバーウォーク」で2月2日、女子大生らが参加し「巻きずし丸かぶりコンテスト」が開催された。

巻きずしにかぶりつく女子大生ら

 大阪海苔協同組合(大阪市北区)が主催し、節分の恒例行事として行われる「海苔(ノリ)チャリティーセール」の関連イベント。同セールでは、今年収穫したノリを市価より安い値で販売し、売上金で車いすを購入して大阪市社会福祉協議会に寄付する。

[広告]

 「巻きずし丸かぶりコンテスト」には、「女子大生チーム」5チームと、戎橋筋、心斎橋筋、宗右衛門町の各商店街のミスらで構成する「ミナミ元気むすめ」Aチーム、道頓堀商店会、道頓堀商店会連盟、道頓堀商店街振興組合の同Bチームの、計7チームが参加した。各チームは3人1組で、1人1本ずつ、計3本を順番に丸かぶりし、早さを競った。

 女子大生らは、司会者のスタートの合図で、今年の恵方である東北東に向かい勢いよく巻きずしにかぶりついた。優勝したのは、4分18秒とダントツのタイムで食べ切った「ミナミ元気むすめ」Bチーム。2位は「甲南女子大学」チーム(5分33秒)、3位は「ミナミ元気むすめ」Aチーム(7分8秒)だった。

  • はてなブックマークに追加