学ぶ・知る

北堀江にシェアオフィス「シゴトバBASE」-コンペや討論会も

「シゴトバBASE 北堀江」フリーゾーンの様子

「シゴトバBASE 北堀江」フリーゾーンの様子

  •  
  •  

 大阪・北堀江の地下鉄西大橋駅近くに10月20日、クリエーター向けのシェアオフィス「シゴトバBASE 北堀江」(大阪市西区北堀江1、TEL 06-4307-4682)がオープンした。

「シゴトバBASE 北堀江」デスクゾーンの様子

 建築設計を手掛ける松浪光倫建築計画室(北区)が、バッグや革小物などの企画・輸入販売を行う元林(西区北堀江1)の本社ビル3階にオープンしたもの。249平方メートルのうち、座る場所を自由に選べる「フリーゾーン」、個別ブースなどを設け集中して業務ができる「デスクゾーン」が共に97平方メートルで、席数はそれぞれ、フリーゾーンが24席(オープンデスク)、デスクゾーンが22席(オープンデスク)・個別専用ブース14席。個別専用ブースは座る場所が決まっており、収納も付く。共有設備として、会議室、ミーティングスペース、受付、インターネット環境(無線LAN)、プリンター、FAX、スキャナーを備える。

[広告]

 月額利用料は、利用エリアや利用時間、利用形態(個人・法人)などにより細かく設定し、フリーゾーン、8時~21時利用で6,300円、フリーゾーン&デスクゾーン、個別ブース利用、24時間利用可能で3万3,600円など。法人の場合、基本利用人数は3人で、上記料金に加え、1回あたり500円の利用料がかかる。初期費用は不要。会議室は1時間あたり500円、ミーティングスペースは30分あたり250円などの利用料がかかる。

 松浪光倫建築計画室の松浪光倫さんは「場所だけでなく、時の共有ができるようにしたい。クリエーターに限らず、会計士、林業関係など現時点で約20組が入居を予定している」と話す。今後、元林などのパートナー企業が、シェアオフィスに入居しているクリエーターを対象にさまざまなコンペを開くほか、元林東京支店(東京都中央区)にも同様の施設をオープンする計画で、両オフィスを結ぶテレビ会議をはじめ、相互利用会員制度などを設ける予定。

 オフィスでは定期的にイベントの開催も予定しており、次回は11月9日、「デザクリ討論会@シゴトバCAMPUS」と題して、建築家の谷尻誠さん、デザイナーの小関隆一さん、天野譲滋さんを迎え、「激論!!地元(地方)か?東京か?海外か?これからのシゴトバをさがせ」をテーマに、イベントを開催する。

  • はてなブックマークに追加