見る・遊ぶ

難波で「南ダンボール製作所展」 NMB48メンバー製作の段ボール作品展示

一番の自信作「ただのブランコ」とNMB48メンバー南羽諒さん

一番の自信作「ただのブランコ」とNMB48メンバー南羽諒さん

  •  
  •  

 大阪・なんばを拠点に活動するアイドルグループNMB48のメンバー南羽諒(はあさ)さんが段ボールで作った作品を展示する「南ダンボール製作所展」が2月13日、「LAUGH&PEACE ART GALLERY」(大阪市中央区難波千日前3)で始まった。

写真撮影中に座って壊れてしまった「ただのブランコ」

 ネット番組「新YNN NMB48 CHANNEL」内のコーナー「南ダンボール製作所」で、南さんが段ボールで製作した作品のほか、初公開の新作3点も合わせた7点を展示する。初日の13日は、南さんが作品を紹介し、中学1年生の頃から段ボール工作を趣味とし、初の個展に向けた思いを語るトークショーが開催され、ファン20人が詰め掛けた。

[広告]

 寝ながら頭に段ボールを被せ、穴を空けた天井部分にスマホを置くことで、手を使わずにスマホを見られる「手が疲れないスマホ置き」や遠くにあるごみも動かずに拾えるマジックハンドのような「便利なゴミ捨て機」など、創作の源は「めんどくさいという気持ち」だと南さん。出展作品の中で一番の自信作は、新作の「ただのブランコ」。人が座れるように2日間かけて土台を丈夫に作ったというが、写真撮影中に南さんが座って壊れるというハプニングも起きた(同作品は鑑賞のみ)。

 南さんは「趣味が仕事につながったのがうれしい。自分が作ったものを見て、グループのメンバーが笑ってくれたら成功だ」と言い、「海に行くのが好きだから、いつか段ボールで船を作ってみたい」と目標を語った。会場では8種類のオリジナルグッズを販売しており、番組内で南さんが着用する「南ダンボール製作所製 作業着」(社員証付き、8,250円)が人気だという。

 南さんは2018(平成30)年開催の「第3回AKB48グループドラフト会議」を経てNMB48に加入。昨年2月発売のNMB48の20枚目のシングル「床の間正座娘」で、初めて20人の選抜メンバーに選出された。

 開催時間は13時~18時。入場無料。火曜・水曜休廊。3月2日まで。

  • はてなブックマークに追加