「世界一ダサい」キーホルダー選手権-「生活に笑いを」と考案

「世界一ダサい」キーホルダーをつけた携帯と河井社長

「世界一ダサい」キーホルダーをつけた携帯と河井社長

  •  
  •  

 スマートアレック(大阪市中央区北久宝寺4、TEL 06-4560-2157)が昨年12月24日に開設したネットショップ「世界一ダサいネットショップ」では、ユーザーの考えた「ダサい」フレーズ入りオリジナルキーホルダーを商品化し販売している。

1つ600円で「ダサい」フレーズ入りのオリジナルキーホルダーを商品化できる

 「追い込まれてもやりません。」「でで~ん、吉田あうと」「定礎」など他のユーザーが考えた「ダサい」フレーズが入ったキーホルダーを1個500円で販売するほか、600円の参加費を払い自分が考えたフレーズを入れたキーホルダーを商品化できる「世界一ダサいキーホルダー選手権」に参加することもできる。「選手権」に参加すると、そのキーホルダーが1個送られてくるほか、1週間程度で同サイトに自分のページが作成され、他のユーザーがそのキーホルダーを購入すると、1個あたり50円がキャッシュバックされる。

[広告]

 ウェブサイトや印刷物の制作などを通して販売促進コンサルティングを行う同社。不況が続くなか、「できる限り広告費を抑えたい」という顧客の声が多く、同社社長の河井大志さんが「それなら広告費を抑えてどこまで効果的に商品を宣伝できるか自ら実践してみよう」と思ったことがサイト開設のきっかけだという。ミクシィやツイッターなどのSNSなどを利用した告知活動により、サイトオープンから1カ月余りだが、1日あたり10個程が売れるようになった。当面の売り上げ目標は月商100万円で、今後は「『面白いオリジナルプレゼントを作れるサイト』として品数も充実させていきたい」と意欲をみせる。

 河井さんはもともと「お笑い」が好きで「せっかく何か販売するのであれば生活に『笑い』を届けられるものをと考え、『ダサい』をコンセプトにすることに決めた」と話す。同サイトでも、自らの商品を「本当にダサくちゃっちい」との自虐的な表現やあえてラフな文章や文体を使用しインパクトを狙った。「携帯や鞄につけて、生活に笑いを呼ぶアイテムとして使用してもらえれば」と期待する。

  • はてなブックマークに追加