ベルギー発時計ブランド「アイスウォッチ」-大阪初出店

店頭にディスプレイされたカラフルな時計。

店頭にディスプレイされたカラフルな時計。

  •  
  •  

 なんばパークス(大阪市浪速区難波中2)4階に6月10日、「アイスウォッチ なんばパークス店」(TEL 06-6632-2552)がオープンした。

軽量なボディと、縦に重ねられるキューブボックスが特徴

 「アイスウォッチ」はベルギー発祥で世界46カ国で販売されているファッションウォッチブランド。「着替える時計」をコンセプトにした、軽い素材とカラフルな色使いが特徴。専門店は国内に5店舗あり、大阪は今回が初出店となる。店舗面積は9坪。経営はビヨンクール(中央区東心斎橋1)。同社はレザー製品やアクセサリーを扱う「LEATHERS AND TREASURES」もなんばパークス内に出店している。

[広告]

 「アイスウォッチ」は、時計の素材にポリカーボネートやシリコンラバーなど、軽さに優れているものを採用。スケルトンやクリアカラーなど、多くのカラーバリエーションを揃え、価格帯は7,000円台~3万円台。「一番人気」(同店)は約46グラムの「Classic COLLECTION」。

 通常モデルのほか、多くのアニメ作品とのコラボレーションを手がけるPansonWorksと提携しデザインウォッチを販売。また過去には映画「ROOKIES-卒業-」や「LIAR GAME」、ミュージシャンの「FLOW」や「AKB48」とコラボした商品も発表している。プロ野球球団と提携した商品も販売しており、「阪神タイガースモデルだけ3種類のモデルを用意したが、すでに売切れてしまった」という。

 同店スタッフは「アイスウォッチの存在がまだまだ浸透していないが、色鮮やかな商品が多いので、興味を持って立ち止まるお客様が多い」と話す。「皆さんがアイスウォッチの名前を覚えて、すぐにイメージしてもらえる存在になるように頑張っていきたい」とも。

 営業時間は11時~21時。

  • はてなブックマークに追加