アメ村にゾンビ出没-ハロウィーンコンテストで映画「ゾンビーノ」PR

10月27日より「敷島シネポップ」にて公開される映画「ゾンビーノ」(PG-12)
© 2006 ZOMCON MOTION PICTURE DIVISION INC.ALL RIGHTS RESERVED.

10月27日より「敷島シネポップ」にて公開される映画「ゾンビーノ」(PG-12) © 2006 ZOMCON MOTION PICTURE DIVISION INC.ALL RIGHTS RESERVED.

  •  

 アメリカ村の複合商業施設「ビッグステップ」(大阪市中央区西心斎橋1、TEL 06-6258-5000)に10月20日、映画「ゾンビーノ」のキャラクター「ファイド」が登場する。

 同イベントは、同日開催される「ハロウィーン スペシャルメークアップコンテスト」を主催するキッズカンパニー(大阪府阪南市)とのタイアップ。同社代表で特殊メイクアップアーティストの仲谷進さんに仕立てられた「ファイド」がコンテストにゲスト出演し、10月27日より「敷島シネポップ」(中央区千日前2、TEL 06-6641-3719)で公開を予定している映画「ゾンビーノ」をPRする。

[広告]

 コンテストでは、ECCアーティスト専門学校と大阪デザイナー専門学校の特殊メークコースの学生が作品を披露、ビッグステップは「ゾンビ」であふれかえる。開催時間は15時~。

 「ゾンビーノ」は、カナダのアンドリュー・カリー監督による、ゾンビをペットにしてしまうという「大胆な」発想のゾンビ映画。学校では友達もいない、両親にも存在を半ば無視されている少年ティミーと、ペットのゾンビ「ファイド」の友情を、ゾンビを通して描かれる人間の傲慢な姿や、子どもを理解しようとしない父親など現代社会への皮肉を含め、「ファンタジックな世界観」で描いている。

ゾンビーノKID'S COMPANYBIG STEP敷島シネポップ(東宝WEBSITE)