「Zepp Osaka」なんば移転で反響続々-利便性向上に期待の声も

新「Zepp Osaka」の建設予定地。現在は駐車場になっている

新「Zepp Osaka」の建設予定地。現在は駐車場になっている

  • 0

  •  

 大阪・南港の「Zepp Osaka」が2012年春になんばエリアに移転することが決まり、ネット上などで大きな反響を呼んでいる。

新「Zepp Osaka」の完成予想図

 「Zepp」は、ホールネットワーク(東京都港区)が全国6都市で運営するライブホール。大阪では「Zepp Osaka」(大阪市住之江区)の名称で1998年に運営を開始した。音楽ライブを中心に演劇、講演会、展示会などに用いられている。

[広告]

 昨年11月に行われた記者会見で、同社の箕輪悟社長が「もともと運営期間を10年前後と計画し、大阪南港に代わる新たな候補地を探していた」とコメントし、「地下鉄・南海・近鉄・JRすべてのアクセスが整った素晴らしい立地」(同)とする、なんばエリアへの移転を発表した。移転に伴う名称変更について箕輪社長は「『Zepp Osaka』だが確定ではなく、『Zepp Kansai』『Zepp Kinki』などの名称も候補に挙がっている」と話したが、ツイッター上では「Zepp Osaka」を推す声が多い。

 新「Zepp Osaka」(浪速区敷津東2)は、南海なんば駅から800メートルほど南に行った場所で、南海今宮戎駅の近く。北側にクボタ本社ビルや住宅展示場があり、南側にはタワーマンション「なんば グランドマスターズタワー」が立地する。現在は駐車場となっている約8,000平方メートルの同スペースを南海電鉄が昨年9月に買い取り、そのうち約3,000平方メートル部分に「Zepp Osaka」を誘致した。収容人員は2,500人前後を予定しており、現在の2,180人から一回り大きくなる。

 新「Zepp Osaka」のコンセプトは「21世紀のZepp」。椅子席を充実させるほか、屋上や壁面を緑化、雨水を再利用するなど環境にも配慮。ツイッター上では利便性の向上を期待する声が多く見られた一方で、「わざわざ南港までライブ見に行く感じが好きやった」「南港の海風とサヨナラなんですね」「不便だけど海が感じられるあの場所が好き」と惜しむ声もツイートされている。