見る・遊ぶ

ハンブルクの若者カルチャーを紹介する写真展-東心斎橋のカフェで

フォトグラファー波部容子さん

フォトグラファー波部容子さん

  •  
  •  

 東心斎橋のトルコ料理カフェ「SAZ CAFE(サズカフェ)」(大阪市中央区東心斎橋1、TEL 06-4963-2451)で現在、フォトグラファー、波部容子さんが撮影したドイツ・ハンブルクの写真などを展示する「光、音楽、残像」が行われている。

波部さんが撮影した写真のポストカードも販売する

 大阪・兵庫を中心に結婚式やダンスなどの写真を撮影する波部さんは、昨年、日本にワーキングホリデーで来ていたトルコ系ドイツ人のロハット・アバチさんと知り合った。アバチさんはハンブルクを拠点にDJなどのアーティスト活動をする傍ら、若手アーティストのコーディネーターを務めるなどしており、波部さんと意気投合、ハンブルクの若者カルチャーを紹介することになった。

[広告]

 同展では、今年春にハンブルクを訪れた波部さんが撮影した、ナイトクラブの様子を撮影した写真15点余りを展示するほか、アバチさんがコーディネートする若手ドイツ人アーティスト6人のドローイング作品の写真6点を展示する。

 波部さんは「港町のハンブルクは横浜や神戸に似ている。テクノミュージックやストリートアートなどアンダーグラウンド、サブカル的な若者文化があり魅力がある。音楽が好きな人や外国に興味がある人に見に来てほしい」と話す。

 営業時間は12時~22時(最終日は20時までの展示)。月曜定休。8月30日まで。

  • はてなブックマークに追加