アメ村で「今日だけはぼくの公園」企画-アーティスト名が公園名に

「平井公園」で写真展とイベントを行った平井慶祐さん。「笑顔」の写真を撮り続けている

「平井公園」で写真展とイベントを行った平井慶祐さん。「笑顔」の写真を撮り続けている

  • 0

  •  

 アメリカ村の「三角公園」で12月8日・9日、写真家平井慶祐さんによるアートパフォーマンスと写真展が開催され、同2日間は「平井公園」と名称を変えた。

 同イベントは、「オールナイトごみ拾い」などを行う若者グループ「スマイルスタイル」が企画。アメリカ村の活性化と若い表現者を応援する目的で、「今日だけはぼくの公園プロジェクト」として開催するもので、プロを目指すダンサーや専門学校生などの「表現の場」として三角公園をプロデュースする。「ぼくの公園」のコンセプトにちなみ、パフォーマンス期間中、公園にはパフォーマーの名前が付く。

[広告]

 スマイルスタイルの塩山諒代表は「アメリカ村は、ファッションの街とも言われているが、アートやパフォーマンスなど、これまでとは違ったトレンドを発信する場にしていきたい。特に、『メッセージ』や『思い』を持つ人にここで表現してもらいたい」と話す。

 第1回目のパフォーマーとなる平井さんは、「笑顔」を撮り続ける写真家。発展途上国を訪れた時に見た、現地人の笑顔と生きる力に魅せられ、「1つでも多く笑顔を増やしたい」との思いでシャッターを押す。同イベントでは、平井さんが各国で撮影した笑顔の写真とメッセージを公園の至る所に展示。会場でも、その場で来場者の「笑顔」を撮影したりアートパフォーマンスを行うなど、来場者とのふれあいの中でメッセージを伝えた。

 自分の名前が公園名になることについて平井さんは「少し恥ずかしい」としたうえで、「写真を通じて世の中をハッピーにしたい。見てくれた人が少しでも笑顔になったり、喜んでくれるとうれしい。これからも笑顔の写真を撮り続けていきたい」とも。

 塩山代表は「今回の『アメリカ村らしくない』イベントに、足を止めてくれる人も多かった。軌道に乗れば、週1、2回のペースで定期的に開催していきたい」と話している。

スマイルスタイルFunny!!Web(平井慶祐さんHP)心斎橋で「オールナイトゴミ拾い」-社会起業家目指す若者グループが企画(なんば経済新聞)

  • はてなブックマークに追加