食べる

なんばに「天丼てんや」-関西初出店、全国展開を本格化

看板メニューの「天丼」

看板メニューの「天丼」

  • 0

  •  

 大阪・なんばに7月1日、天丼チェーン「天丼てんや 難波御堂筋店」(大阪市中央区難波2、TEL 06-6214-2075)がオープンする。経営はテンコーポレーション(東京都台東区)で、同店は関西初出店となる。

期間限定で提供する「大江戸天丼」

 同社は1989年、「天ぷらの大衆化」をコンセプトに東京駅八重洲地下街に「天丼てんや」1号店を出店。今年6月末現在、関東を中心に直営125店舗、フランチャイズ6店舗の計131店舗を展開する。25周年を前に全国展開を本格化しており、今春に北海道と北九州に出店。難波御堂筋店の出店により関西出店を果たす。

[広告]

 難波御堂筋店は難波駅上の御堂筋に面した場所にオープンする。1階=14.97坪、2階=16.49坪で、座席は、1階=13席(カウンター5席、テーブル8席)、2階=27席(カウンター5席、テーブル22席)を設ける。

 メニューは、「天丼」(500円、みそ汁付き)、「オールスター天丼」(650円、同)、「大江戸天丼」(730円、半熟卵付き、7月18日までの期間限定)などの天丼を中心に、うどん、そば、天ぷらのほか、アルコール飲料も用意。テークアウトにも対応する。

 同社の用松靖弘社長は「関西1号店は、関西一の繁華街で、老若男女問わず多くの人が集まる難波以外に考えられなかった。難波を皮切りに関西各地に出店していきたい」と意気込む。

 営業時間は11時~23時。

  • はてなブックマークに追加