アメリカ村に「リアル脱出ゲーム」常設施設、100人規模で4月開業へ

謎を解き明かし脱出を目指す参加者

謎を解き明かし脱出を目指す参加者

  • 0

  •  

 大阪・アメリカ村に4月25日、リアル脱出ゲームの常設施設「大阪ヒミツキチオブスクラップ」(大阪市中央区西心斎橋2)がオープンする。

「原宿ヒミツキチオブスクラップ」の様子

 御津公園(通称=三角公園)に隣接するブルータスビルの6階に出店。全国で「リアル脱出ゲーム」の企画・運営を行うSCRAP(京都市中京区)が運営する。同店は同時に100人が楽しむことができる大規模な施設で、2012年に東京・原宿にオープンした「原宿ヒミツキチオブスクラップ」の姉妹店。常設施設としては関西最大となる。

[広告]

 初回公演は「オリエント急行からの脱出」。休暇を楽しむために乗り込んだ豪華列車「オリエント急行」が何者かにジャックされ、爆弾が仕掛けられたという設定。偶然乗り合わせた「名探偵コナン」と共に、終着駅に到着するまでの1時間に謎を解き、爆発を止めることがミッションとなる。

 初回公演は4月25日~6月15日の金曜・土曜・日曜・祝日に開催。料金は前売り=2,800円、当日=3,300円。2月22日から発売する。