道頓堀に女装体験バー「女の子クラブ」-カジュアルに女装体験を

「女の子クラブ」店内の様子

「女の子クラブ」店内の様子

  • 0

  •  

 大阪・道頓堀に12月1日、女装体験ができるコンセプトバー「女の子クラブ 大阪なんば店」(大阪市中央区道頓堀2、TEL 06-6213-3577)がオープンした。運営はLumen(東京都新宿区)。

店内はピンクを基調とした女の子の部屋をイメージ

 「気軽に女性服に着替えてカジュアルに女装を楽しむ」ことのできるバーとして2012年、東京・新宿に1号店を出店。大阪なんば店は2号店となる。ピンクを基調とした21坪のバー空間は、熊のぬいぐるみが飾られたシャンデリアや、洋風の鏡などを設置して女の子の部屋をイメージ。化粧品や衣装をそろえた「メークルーム」、女装用品を預かる「貸しロッカー」、女装した際にかける香水の匂いを消すための「シャワールーム」も大阪店のみ併設し、東京の店舗よりも女装未経験者がよりカジュアルに女装を楽しめる空間となっている。

[広告]

 同社の設立は、社長の亀井有希さんが2006年に女装イベントを企画したことがきっかけ。女装の魅力について亀井さんは「普段は上下関係や人間関係などのしがらみがあるが、女装した時だけリセットして非現実的な時間を作れたり、今まで男性として生きていた世界とは全く違う世界を味わったりすることができること」と話す。東京の店舗では20~40代の職業もさまざまな幅広い男性が女装を楽しみ「女装をした男性がかわいい」という理由で来店する女性客もいるという。

 今後の女装文化について、亀井さんは「今はまだ女装は、趣味の文化の1つとして捉えられているが、今後は女の子がボーイッシュな格好をすることと同じようなファッション文化の1つに寄っていき、近い未来カジュアルに性別を選択できる世界になるのではないかと思う」と話し「秘密のクラブのような感じではなく、メード喫茶のような感覚で気軽にお店に遊びに来ていただけたら」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は19時~翌5時。チャージは、女性(女装男性を含む)=2,000円、男性=3,000円。ドリンクは500円~。