食べる

アメリカ村にマグロ専門店「金の華」-近大マグロの稚魚を養殖

「媛マグロ」を含む刺身5種盛り

「媛マグロ」を含む刺身5種盛り

  • 0

  •  

 大阪・アメリカ村に12月11日、マグロ専門店「金の華」(大阪市中央区西心斎橋2、TEL 06-6211-2272)がオープンした。

人気ランチ「媛マグロのユッケ丼」

 近畿大学が人工ふ化した稚魚を、愛媛県宇和島市の漁場で2~3年掛けて養殖した「媛マグロ」を提供する。宇和島は年間を通じて温暖な気候が続く九州地方と比べ寒暖の差が大きく、低い水温の冬を越すことでマグロは栄養を蓄え、身が引き締まり脂身が乗る。また潮の流れが速いことから運動量が増え、身質が良く、運動量とエサを調整することで「赤身」「中トロ」「大トロ」の割合が調整できるという。

[広告]

 テーブル席、カウンター席合わせて約80席を設ける店内はカジュアルな雰囲気で、媛マグロの養殖の様子を動画で見せたり、不定期的にマグロの解体ショーを行ったりする。ランチタイムは全てのメニューに媛マグロを使っており、「媛マグロのユッケ丼」(700円、限定20食)、「レディースランチ」(800円、同)、「すし定食」(800円)、「媛マグロアボカド丼」(1,000円)、「お造り定食」(1,800円)などを用意する。総支配人の森川博幸さんは「人気の高い近大生まれのマグロを堪能してほしい。ランチは既にリピーターが付くほどの人気」と話す。

 ディナーは、媛マグロの刺し身や天ぷら、飛騨牛の陶板焼きなどが付いた「媛コース」(3,800円)、さらに大トロ・中トロ・赤身の巻きずしが付いた「南地コース」(4,800円)、さらにタイの煮付けなどが付いた「金の華コース」(6,000円)のコース料理が中心。媛マグロを含まない、「てっちりコース」(3,980円)、「飛騨牛しゃぶしゃぶコース」(4,950円)、「たいのゆず鍋」(2,800円)、「豚しょうが鍋」(1,980円)も用意する。

 営業時間は、ランチ=11時~14時30分、ディナー=17時~23時。

  • はてなブックマークに追加