学ぶ・知る

日本橋のPC専門店「ドスパラ」がリニューアル eスポーツなど体験型に

1階「eスポーツ」フロアの様子

1階「eスポーツ」フロアの様子

  •  

 大阪・日本橋のパソコン専門店「ドスパラ大阪なんば店」(大阪市浪速区日本橋3、TEL 06-6635-2805)が3月24日、リニューアルオープンする。

「ドスパラ大阪なんば店」の外観

 同店を運営するサードウェーブ(東京都千代田区)では、全国にパソコン専門店を22店舗展開しているが、同店を「体験型専門店の1号店」と位置付ける。パソコン周辺機器の多くを実際に触ったり、性能を試したりできるのが特徴。1階~5階の売り場面積は合わせて238坪。

[広告]

 1階は2面を道路に面した開放的な雰囲気で、パソコンを使ったシューティングゲームや格闘ゲームなど「eスポーツ」をテーマにしたフロア。店頭にレーシングゲームの体験コーナーを設置するほか、ゲームに適したパソコンやパソコン周辺機器の展示・販売を行う。キーボードやマウスは触れるように展示するだけでなく、実際に店頭のパソコンに接続して試すこともできる。eスポーツに適したパソコンも10~50万円程度で販売しており、売れ筋は15~16万円のものだという。パソコンは希望のスペックを指定したオーダーメードによる注文もできる。

 2階はパソコンを自作する人に向けたフロアで、マザーボード、PCケース、ビデオカードなどのパーツを展示・販売する。店内の一角に設けた「ドスパラボ」と名付けたDIYコーナーでは、各種工具や測定機器などを有償でレンタルし、パソコンを組み立てたり、店頭に展示しているパーツを組み付けて性能を試したりすることも可能。「オーバークロック」と言われるパソコンの性能向上を志向する人に向け、ドライアイスによるパソコン冷却体験ができるコーナーや、1995~2013年に発行された雑誌「DOS/Vパワーレポート」「DOS/Vマガジン」のバックナンバーの閲覧コーナーも設ける。

 3階はデジタル雑貨「上海問屋」と、VRゲームの体験コーナー。4階はパソコン関連機器の買い取り・販売フロア、5階にはイベントスペースを新設する。リニューアルにより同店では従来より24%多い2400点のアイテムを販売する。

 営業時間は11時15分~20時。