天気予報

10

3

みん経トピックス

公園で「十人の巨大な父展」父の日に「パパケーキ」

松竹芸能「B1角座」が閉館-名実ともに「道頓堀五座」の灯が消える

  • 0
松竹芸能「B1角座」が閉館-名実ともに「道頓堀五座」の灯が消える

閉館した道頓堀の「B1角座」。7月に閉店する「くいだおれ」のすぐ近く。

写真を拡大 地図を拡大

 松竹芸能は5月31日、道頓堀の劇場「B1角座」(大阪市中央区道頓堀1)を閉館した。4月28日より「さよなら角座」と題して、「横山たかし・ひろし」「海原はるか・かなた」ら松竹芸能の芸人による興行が行われていた。

 同劇場は、親会社の松竹が保有する「角座ビル」の地下1階に2004年1月にオープンした、126席の小さな演劇場。松竹芸能のベテラン芸人から若手芸人までが登場し、お笑いファンに親しまれてきたが、オープンから4年5カ月での閉館となった。

 道頓堀は古くから歌舞伎や人形浄瑠璃などの劇場が立ち並ぶ芝居街で、江戸時代には「浪花座」「角座」「中座」「朝日座」「弁天座」の5つの劇場群が「道頓堀五座」として人々に親しまれていた。昭和末期に「角座」「朝日座」「弁天座」が閉館した後、平成に入り「浪花座」「中座」が閉館。その後、「角座」跡にできた「角座ビル」に「B1角座」として復活していた。

 親会社の松竹は5月21日、角座ビルの土地・建物を「ニルマル プレーム コーポレーション」(大阪市中央区)に52億円で売却すると発表していたが、契約締結を断念したとリリースで伝えている。現在、新たな売却先を探しているという。

松竹芸人「みょーちゃん」が京橋のバースタッフを卒業、東京へ(京橋経済新聞)淀川「ちゃぶ台返し」のつるせんねん、作業着に応援広告を募集(梅田経済新聞)国内最大級の岩盤浴施設「ロハスタイム大阪」がリニューアル(なんば経済新聞)B1角座

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

大阪・千日前に1月5日、イタリアンレストラン「ビストロオリンピック」がオープンした。代表の横井さん(左)と従業員の筒井さん(右)。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング