見る・遊ぶ

スイスホテル南海大阪に和風エステサロン 茶室でエステ

茶室を使った特別ルーム

茶室を使った特別ルーム

  •  

 スイスホテル南海大阪(大阪市中央区難波5)11階に4月4日、和の内装が特徴的なエステサロン「e’H2O SPA(イー エイチ・ツー・オー スパ) スイスホテル南海大阪店」(TEL 06-6643-7780)がオープンした。

茶室の外には飛び石も

 日本料理の個室や茶室として利用されていた場所をリノベーションしてオープンした同店は、心斎橋にあった店舗を移転する形で出店した。運営するエイチ・ツー・オー(西区北堀江1)は大阪を中心に関西でエステサロンを展開しており、ミナミエリアでは難波や北堀江、ホテル日航大阪にも出店している。

[広告]

 70坪の店内には、畳や雪見障子、床の間、坪庭のある個室、石庭を眺められる個室など5室のトリートメントルームと、茶室だった部屋をそのまま使った、特別ルームを設ける。店内はもともとの和の内装を活用しており、随所に花を飾ったり、壁に書道作品を掛けたりするなど、日本の邸宅の様な雰囲気を出す。

 メニューは、おもてなしコース=100分2万9,000円~、ボディ=70分1万9,800円~、フェイシャル=70分1万4,400円~、ヘッド=50分9,000円~。全て税別で、30分間スパ利用を含んだ時間。女性専用サロンだが、特別ルームで施術するおもてなしコースのみ男性も受け入れる。

 同ホテルは宿泊客の約8割が海外からの観光客。「本物にこだわった和の空間と熟練の腕による施術の時間は、訪れた日本の忘れられない思い出の一つとなることでしょう」と総支配人のバーント・シュナイダーさんは話す。

 営業時間は10時30分~20時30分。第1火曜定休。要予約。