食べる

近鉄難波駅の駅ナカ施設に「御座候」 来年7月まで新店開業相次ぐ

新たに出店する和菓子店「御座候 近鉄なんば店」

新たに出店する和菓子店「御座候 近鉄なんば店」

  •  

 大阪難波駅の駅ナカ商業施設「Time’s Place(タイムズプレイス) 難波」に11月30日、和菓子店「御座候 近鉄なんば店」がオープンする。

商業施設の入口部分に掲げる「ごちぶらなんば」ロゴマーク

 同駅では現在、駅ナカ商業施設と駅施設のリニューアル工事を進めており、来年7月までに順次オープンを予定する。特に、店舗面積を220平方メートル増床し533平方メートルとし、リニューアル前は18店舗だった飲食店・物販店を24店舗に増やす。混みがちな東トイレと空いている西トイレを中央の1カ所に集約することで、トイレの総面積を変えずに混雑の緩和を見込む。

[広告]

 「タイムズプレイス 難波」のコンセプトは「ごちぶらナンバ」。一人でも立ち寄って飲んだり、食べたりできる「『食』のエンターテインメントゾーン」と位置付ける。飲食店は、スタンディングやカウンター形式を中心に、ビアバル、すし、洋食など幅広くそろえる。東改札側を「便利にテイクアウト&リラックスゾーン」、西改札側を「デイリー飲食&ちょい呑みゾーン」とする。

 内装のイメージは「NAMBA」の頭文字を取り、「Natural」(木材を使用し自然の温もりを感じる)、「Modern stylish」(モノトーンのスタイリッシュなファサードで店舗を強調する)、「Basic」(店舗に誘引しつつ駅案内機能との共存を図る)をデザインコンセプトに据える。店舗ファサードを改装し、明るく爽やかさを演出するほか、天井は駅構内と異なるデザインの木目ルーバーを設置し、変化を持たせる。各店舗前には突き出しサインを出し、視認性を向上させる。

 新たに出店する和菓子店「御座候 近鉄なんば店」は、休憩スペースだった場所を改装した。東改札側に近く、乗車前に買いやすい場所に位置する。店舗面積は15.2平方メートル。「御座候 赤あん」「同 白あん」(各85円)を販売する。営業時間は、月曜~土曜=10時~21時、日曜・祝日=10時~20時。

 これまで、8月に「船場カリー」を「船場カリーPLUS」として場所を中央から西側に移動してリニューアルオープン、9月にスイーツ店「GOKOKU」をリニューアルしている。今後、来年2月にすし店、串カツ店、洋食店、うどん店を、4月に総菜店を、6月にラーメン店、バル、カフェを、7月にビアバルをそれぞれ開業する予定。