学ぶ・知る

ミナミの放置自転車対策強化へ NPO法人と地元地権者が連携

ホームドアの川口加奈理事長(右)とミナミ御堂筋の会の高橋勝彦代表幹事(左)

ホームドアの川口加奈理事長(右)とミナミ御堂筋の会の高橋勝彦代表幹事(左)

  •  
  •  

 ホームレスの就労支援を手掛ける認定NPO法人「Homedoor(ホームドア)」(大阪市北区)と御堂筋沿道の地権者で組織する「ミナミ御堂筋の会」(中央区)が6月24日、難波御堂筋ホール(中央区難波4)で放置自転車対策の強化へ向け、連携協定を結んだ。

連携協定締結の様子

 ホームドアは自転車修理を得意とするホームレスが多いことに着目し2011(平成23)年、シェアサイクルサービス「HUBchari(ハブチャリ)」を開始。現在はドコモ・バイクシェア(東京都港区)と共同で市内140カ所にポート(駐輪場)を展開する。ポート間で自転車のレンタル、返却が可能。サービスで得た収入でホームレスの就労を支援する。

[広告]

 ミナミ御堂筋の会はスポーツタカハシ(中央区)の高橋勝彦社長をはじめ、御堂筋沿道の不動産オーナーで組織する沿道企業体。2017(平成29)年、御堂筋沿道の新たな使い方を提案する「御堂筋チャレンジ」を期間限定で実施。側道を閉鎖し、自転車通行空間の確保と歩道を拡張するモデル整備を行った。

 今後はミナミ御堂筋の会会員企業でのポート設置協力や、地域の町会・商店街と連携して放置自転車を減らす啓発活動を行っていく。

  • はてなブックマークに追加