暮らす・働く

日本橋に「忍者屋敷」の民泊マンション どんでん返しや隠し部屋も

レガリエ外観

レガリエ外観

  •  
  •  

 忍者屋敷の構造を取り入れた民泊専用マンション「LEGALIE(レガリエ)日本橋東」(大阪市浪速区日本橋東1)が9月1日、開業する。

どんでん返しを実演する忍者

 不動産ソリューション事業を手掛けるリーガル不動産(大阪市北区)が民泊専用マンションとして開業する。訪日外国人観光客のファミリー層をターゲットに想定し、全15室の部屋はいずれも50平方メートル以上の広さを確保する。1室料金は2泊で3万円前後。稼働率は平均80%を見込む。

[広告]

 1階は情報誌を置くなどを観光情報や日本の文化を発信するスペースや待合室として使う。2階~9階を宿泊部屋とし、内装は畳や座布団など日本の伝統文化を取り入れた部屋から洋室タイプまで4パターンを用意。共用施設として「忍者屋敷」を設け、隠し部屋やどんでん返しの仕掛けを施し、インバウンドが好みそうなエンターテインメント要素を取り入れた。

 今後の予定について平野太一主任は「周辺に2件の事業用地を取得予定。来年完工予定のレガリエも日本文化を取り入れていきたい」と話す。

  • はてなブックマークに追加