見る・遊ぶ

アメ村にeスポーツカフェ ハイスペック機器そろえ、eスポーツの認知拡大狙う

店舗外観

店舗外観

  •  
  •  

 本格的なゲーミングパソコンをそろえる「イースポーツカフェ アカデミア」(大阪市中央区西心斎橋2)が8月5日、オープンした。運営は「エイチアンドイースポーツ」(同)。

ハイスペックな機器で揃えたプレイ席

 自営業の傍ら、eスポーツチームのオーナーとして活動していた西森亮太店長が開いた同店。オーナーを務める中で、所属する選手の福利厚生に頭を悩ませていたという。「プロゲーマーという職業は不安定で福利厚生もまだまだ。引退した後に働けるような場所を作りたい」と同店をオープンするに当たり協賛を募るため、企業に自身の思いを伝えて回ったという。

[広告]

 「開店に当たり、周辺機器にもこだわった」と西森さん。ヘッドホン、マウス、デスク、キーボード、チェアもゲーム仕様の物をそろえ、1席あたり約50万円をかけたという。「メーカーの協賛がなければもっと費用がかさんだかもしれない。eスポーツカフェをうたう場所に行ってみると、ただスペックの高いパソコンを置いただけのようなところが多かった。それではネットカフェと変わらない」と話す。

 店内は赤と黒でシックな内装にまとめ、席数は、ゲーム用12席、観戦用カウンター席7席を用意する。フリードリンク制で料金は1時間734円~。カウンター席は無料だが、ドリンクバー代(540円)が別途必要。今後、フードメニューや酒も用意する予定という。西森さんは「プロゲーマーの講演活動も予定しているので、eスポーツを知らない人も気軽に足を運んでほしい」と呼び掛ける。

 営業時間は、日曜~金曜=13時~24時、土曜=0時~24時。

  • はてなブックマークに追加