見る・遊ぶ

高島屋で「大黄金展」 縦1メートルの令和大判も

縦1メートルの令和大判

縦1メートルの令和大判

  •  
  •  

 金製品の展示・販売を行う「大黄金展」が9月18日、高島屋大阪店(大阪市中央区難波5)7階で始まった。

金箔をあしらった等身大のブラックジャックとピノコ

 金製品や貴金属の販売・買取り業務を行うSGC(東京都中央区)が主催する。仏具や縁起物、アクセサリーなど約1000点を展示する。同店では例年11月に行っていたが、貴金属が高価なこともあり、増税前の開催を決めた。

[広告]

 会場入り口には、手塚治虫の作品「ブラック・ジャック」から、金箔(きんぱく)をあしらった等身大のブラック・ジャック(175センチ)とピノコ(70センチ)を展示。10センチ四方の金箔を、ブラック・ジャックは1500枚、ピノコは300枚使用したという。大化から令和までの元号が書かれた1枚約17グラムの小判も販売。縦1メートル、横60センチ、約20キログラムの金を使って作られた大判を展示するエリアでは、足を止めて見入る来場者も多かった。

 スーパーカーシリーズとして、純金製の「フェアレディ 240ZG」が全国初登場。2017(平成29)年の「トヨタ2000GT」、2018(平成30)年の「日産スカイライン GT-R」に続く第3弾。そのほか純金製の「伊勢海老」や華道家の假屋崎省吾さんが監修した純金の「牡丹」など珍しい金製品も用意する。 

 同店7階に常設する「ゴールドショップ 大阪店」では仏具が例年の約2倍の売れ行きだという。広報担当の坪田彩さんは「安定資産で、日常でも使える点と、増税を控えていることが大きいのでは」と分析する。

 営業時間は10時~20時(金曜・土曜は20時30分、最終日は18時)。今月23日まで。

  • はてなブックマークに追加