見る・遊ぶ

なんばパークスがリニューアル 23店が出店、「アースカフェ」「ときすし」も

3階パークスガーデン(イメージ)

3階パークスガーデン(イメージ)

  • 185

  •  

 南海電鉄が運営する商業施設「なんばパークス」(大阪市浪速区難波中2、TEL 06-6644-7100)が3月18日、リニューアルオープンする。

商業施設初出店となる「ときすし」

 「緑との共存」をテーマに2003(平成15)年、大阪球場の跡地にオープンした同施設。今回のリニューアルでは新店が23店舗、移転や改装した店舗が14店舗の、合計37店舗がオープンする。「代々木アニメーション学院 なんば校」など専門学校も入居する。

[広告]

 飲食店ではロサンゼルス発のカフェ「アースカフェ」が関西初出店するほか、ウラなんばで人気のすし店「ときすし」が商業施設初出店、367坪の体験型テーマパーク「リトルおやつタウンNamba」が全国初出店する。

 飲食以外では、「追随しない」をコンセプトに掲げる「アンフォロー」、ダッドウェイが運営する子ども向けの遊び場「DADWEY PLAY STUDIO」が西日本初出店、アウトドアブランド「オレンジ」が大阪初出店する。高島屋が手掛ける「T-terrace」2階も合わせてリニューアルし、床材の張替えや入口のサイン壁を撤去し、視認性を向上。ファッションブランド「オロビアンコ」が関西初出店する。

 3階パークスガーデンの植栽エリアにはウッドデッキスペースを新設。2019年11月にオープンした4階ウッドデッキスペース、5階せせらぎの杜と合わせてパークスガーデンのリニューアルが完了する。

 営業時間は、ショッピング=11時~21時、レストラン=11時~23時、ガーデン=10時~24時。

  • はてなブックマークに追加