見る・遊ぶ

「(仮称)ホテル京阪なんばグランデ」2023年春開業へ 緑取り入れ、安らぎ演出

ホテル京阪なんばグランデ外観イメージ

ホテル京阪なんばグランデ外観イメージ

  • 7

  •  

 ホテル京阪(大阪市中央区)は10月30日、「(仮称)ホテル京阪 なんば グランデ」(大阪市浪速区難波中2)を2023年春に開業すると発表した。

建設予定地

 ホテル京阪は1979(昭和54)年、天満橋に1棟目を開業。大阪を中心に京都、札幌、名古屋など現在16棟のホテルを展開する。「(仮称)ホテル京阪 なんば グランデ」の敷地面積は約2000平方メートル、延べ床面積は9337平方メートル。9階建てで、客室数は249室(ダブル=86室、ツイン=160室、ユニバーサル=3室)。1階にはレストランを備える。

[広告]

 デザインコンセプトは「緑の丘にたたずむ Garden」。「緑」を取り入れた外観が特徴的な「なんばパークス」(同)が隣接することから、外観には地層を表したデザインをあしらい、内部空間には緑を取り込んだ「Garden」を演出するという。同社が運営受託する複合型商業施設「GOOD NATURE HOTEL KYOTO」(京都市下京区)と同様、循環型社会の実現を目指す「BIOSTYLE」を推進する施設と位置付ける。

 ニッピ(東京都足立区)が所有する土地を、大成建設(新宿区)、関電不動産開発(大阪市北区)、南海電気鉄道(浪速区)が賃借し建物を建設。ホテル京阪が建物を賃借し運営する。