暮らす・働く

心斎橋に「東急ステイ メルキュール」 キッチン備えた客室も

心斎橋にオープンした「東急ステイ メルキュール 大阪なんば」

心斎橋にオープンした「東急ステイ メルキュール 大阪なんば」

  • 10

  •  

 中長期滞在型ホテル「東急ステイ メルキュール 大阪なんば」(大阪市中央区西心斎橋2)が12月1日、心斎橋にオープンした。

なんばの景色を一望できる「プレミアムツイン」

[広告]

 国内に30店舗のホテルを運営する「東急リゾーツ&ステイ」(東京都渋谷区)と欧州を中心にホテルを展開する「メルキュール」の初のダブルブランドホテル。訪日客(インバウンド)に加え、国内からの観光客をターゲットに据える。短期から中長期までのさまざまな滞在スタイルに対応できる客室や設備をそろえたという。地下1階、地上18階建ての館内には、レオパード柄を基調にしたインテリアやなんばエリアをイメージしたアート作品などを飾る。

 3階~18階に、客室288部屋を備える。なんばの景色を一望できるテラスが付いた「プレミアムツイン」(37平方メートル)や1人~4人で利用できる「プリビレッジファミリー」(41平方メートル)など一部の部屋には、冷凍冷蔵庫や電子レンジ、洗濯乾燥機、キッチンを用意する。15階には宿泊客が利用できるランドリールームを設ける。

 2階のレストラン「CENTRE M(サントル エム)」は、朝食からディナーまで営業する。朝食では、発酵バターのクロワッサンや日替わりのデリサラダなど約40種類のメニューをビュッフェ形式で提供(2,200円)。ランチでは12種類のパスタと5種類の具材とソースから組み合わせられる生パスタランチ(2,200円~)を用意する。

 総支配人の荒木昌志さんは「現状、訪日客の中長期滞在利用が多い。これまでなんばエリアに泊まることが少なかった国内観光客にも利用してもらい、なんばの街の魅力を知ってもらえれば」と話す。

 宿泊料金は1室1泊1万2,000円~。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース