3密を避けて新しい生活様式へ!

プレスリリース

直近のサイト利用者数が2倍に!「ハウスネットギャラリー注文住宅」がアクセス急増の理由

リリース発行企業:ネクストアイズ株式会社

情報提供:

●効率よく注文住宅を建てる。が今ドキ ●問合せから契約まで平均4ヶ月 ●丁寧なフォロー体制が功を奏する ●「大阪、愛知、福岡」の優良住宅会社を緊急募集


ネクスト・アイズ株式会社(東京都港区)が2004年から運営する、「ハウスネットギャラリー注文住宅」が2020年5月以降、問合せ件数が2倍となり、アクセス数も同時に急増している。 また、サイト利用者の傾向として、問合せから契約までの期間が平均約4ヶ月、最短で1ヶ月で契約する場合もあり、情報収集から決定まで効率的に行っていることがわかった。

形がなく高額な注文住宅の購入において、契約するまでの期間が短い原因として運営事務局側での「丁寧」なフォロー体制も要因のひとつ。現在、問合せエリア増加に伴い、主に「大阪、愛知、福岡」の優良住宅会社の緊急募集を始めている。詳しい内容は以下の通り。




■ネットで情報収集し「効率よく注文住宅を建てる」が主流に
注文住宅は形がないものを購入するため、従来から最初のアクションとして住まいをイメージしやすいモデルハウスの並ぶ住宅展示場に見学に行ったり、住宅情報誌の巻末ハガキで気になるハウスメーカーに資料請求をするのが主流であった。

しかし、住宅購入を考えはじめる年代(一次取得者)である30代後半~40代は共働きも多く、子育て期ということも重なり、スマホで効率よく短時間で情報収集する世代。1日貴重な時間をつかって展示場をまわるよりも、先に建てたいイメージをスマホで情報収集して家族で共有したり、好みの家をつくってくれそうな住宅会社に必要な資料を取り寄せるなどして住宅会社をある程度、絞り込んだ上でモデルハウスを見に行くというスタイルが定着しつつある。

ネクスト・アイズは、2004年に「ハウスネットギャラリー注文住宅」を公開後、国内最大級となる、約1万点の施工事例写真を掲載し、具体的に欲しい家のイメージができるサイトとして利用者の利便性を追求し、16年問合せ数を伸ばしてきたが、今年5月には、昨年比の約2.2倍の組数の問合せがあり過去最高となった。

その要因の一つとして、コロナの影響で外出自粛となり、住宅展示場や相談会、セミナーなどのリアルな場所へは行けないため、ネットで情報収集する人がさらに増えたことが考えられる。





■問合せから契約までの期間は、「平均4ヶ月」「請負金額は平均2,700万」(首都圏)
エリアは約40%が首都圏、その他「大阪・愛知・福岡」が増加傾向にある


驚くべき数字は、問い合わせから建築契約をするまでの期間である。ハウスネットギャラリーを利用して契約した方がいつ頃、問合せしたかを調査したところ、サイトで資料請求等をしてから、平均して約4ヶ月で契約していることがわかった。また、2019年に調査した契約者の内、最短で1ヶ月、最長でも9ケ月で契約しており、円グラフの通り、契約者の50%以上が4ヶ月以内に住宅会社を決めているということになる。

これは、ネクスト・アイズが過去16年間、16,789世帯※1のお客様の住まいのコンサルティングや相談業務を行う中で、通常、高額な資金が必要な注文住宅は、お問合せがあってから契約まで約1~2年ほどじっくり相談を進めた上で建てる会社を絞り込んで行く傾向にあるのに対して、サイト利用者は、短い期間で契約していることがわかる。この結果から、住宅会社の情報や建築実績を一同に比較し、絞り込んだ上で資料請求しているため、効率的に早く、好みの住宅会社と出会えていると言えるだろう。

さらに、2019年の調査によると、ハウスネットギャラリーの平均請負価格は約2,700万(首都圏 東京、神奈川、千葉、埼玉)の他のエリアは約2,350万(首都圏以外)。問合せエリアは、全体の41%が首都圏に集中しているが、近畿(大阪、兵庫)、中部(愛知、静岡)に九州(福岡)の問合せが増えている状況だ。

※1 ネクスト・アイズは、2004年より、業界初の独立中立機関として、一般消費者の皆さまの公正・中立なアドバイスと、住まいづくりのお手伝い(コンサルティング)を行い、これまでに16,789世帯のお客様のお手伝いをしています。(2020年6月現在)本社(東京都港区麻布十番)他、サテライトオフィス(吉祥寺、さいたま、千葉、横浜、東京駅前、調布)
https://www.nexteyes.co.jp/company/company/#work





■問合せ増加に伴い主に「大阪、愛知、福岡」の優良な住宅会社を急遽募集

現在、ハウスネットギャラリー注文住宅では、問合せ増加に伴い、全国各エリアで対応ができる、優良なビルダー、工務店をあわせて、募集を行っている。

※入会提携基準は、建築登録免許、建築関係法規順守など、問合せに対して迅速対応ができるかなどの基準がある。入会時の費用については、初回登録時の事務手数料(10万)で、2年目以降の会費は、施行事例(所定数)を追加登録すること免除となる。その他、契約時に応じた定率課金制度がある。

※現在、緊急募集エリアについては期間限定で優待キャンペーンを設けており、掲載希望は以下のページから。
https://www.hng.ne.jp/office/post.html

■丁寧な定期フォローが「ミスマッチ」を未然に防ぐ
また、ハウスネットギャラリーでは、サイト利用者と住宅会社に対して「丁寧」な定期フォローを行うことで、注文住宅で頻発するミスマッチによるクレームなど未然に防ぐ工夫をしていることが特徴的。

通常、注文住宅の場合、消費者と住宅会社の間でミスマッチが起こりやすく、はじめて建築をする方が多いため、消費者側の知識不足もあり、建てる前に自分にとって、合う建築会社を見つけるのは合う、合わないの判断がしづらい傾向にある。そのため、契約後に「こんなはずではなかった・・・」「もっとこうすれば良かった・・・」と後悔するケースが多い。

その問題を解決するために、運営事務局では、サイトを利用して資料請求を行ったサイト利用者に必ずコンタクトを取り、要望、希望、不満の整理を行い、サイト利用者と住宅会社に対して迅速かつ丁寧なフォロー体制を行っている。必要に応じて適切な情報提供やアドバイスを行い、すべてネット完結させるのではなく心が通ったサービスの展開を目指している。



■3つのあんしんフォロー体制
1.利用者の情報の整理を専門家が行う
専門知識のある住まいの専門家が、資料請求をしたお客様全件に対して電話・メールにて計画内容、予算、不安、疑問点を確認、整理を行っている。利用者が選定した住宅会社が合っていない場合、選定先を一緒に見直し、「ミスマッチ」が起こらない工夫をしている。

2.計画内容を具体化できる「マイページ機能」
マイページは、サイト利用者が、ハウスネットギャラリーの特徴である1万点以上の完成事例写真をつかってイメージをより具体的にできたり、計画内容の整理ができる。
また、サイト利用者・住宅会社・運営事務局(専門家)が直接やりとりでき、その内容を履歴に残せるため安心できるとあって、マイページの利用者も問合せ数増加に伴い比例して増えている。※2,737組(7月現在の登録者数)

●ハウスネットギャラリーの施工事例や部位ごとの写真をお気に入り保存ができる
●家づくりノートを使って家族全員の意見を整理できる
●サイト利用者・住宅会社・運営事務局(専門家)と直接マイページ内でやり取りができ、履歴に残すことができる。

詳しい使い方はこちら
https://www.hng.ne.jp/office/




3.メルマガ、住生活情報マガジン「余はく」を希望者に送付
計画時期が先の場合や、じっくり進めたい方のために定期的なフォローを行っており、ネクスト・アイズが発行している住生活情報マガジン「余はく」(年3回発行)や、メールマガジン(本当の住まいづくり入門)を無料で購読することができ、合わせてサイト利用者に対して定期的なフォローを行っている。

※住生活情報マガジン「余はく」(季刊号年3回)
https://www.nexteyes.co.jp/company/enterprise/yohaku/

※メルマガ「本当の住まいづくり入門~100人の達人に聞く」(発行周期:毎週日曜日)
https://www.hng.ne.jp/mailmag/magazine.html

【本件に関するお問合せ先】
ネクスト・アイズ株式会社 CS事業部
担当: 早坂 淳一
TEL : 03-5574-7320
FAX : 03-5574-0921
MAIL: info@nexteyes.co.jp

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home