ナイキ大阪でランニングイベント開催-ゲストに安田美沙子さん

トークショーでは、フルマラソン出場経験を持つ安田美沙子さんがマラソンの魅力を語った

トークショーでは、フルマラソン出場経験を持つ安田美沙子さんがマラソンの魅力を語った

  • 0

  •  

 ナイキ大阪(大阪市中央区心斎橋筋1、TEL 06-6120-1310)は4月10日、タレントの安田美沙子さんをゲストに迎え、「ナイキランニングクラブ@NikeOsakaオープニング限定イベント」を行った。

中ノ島公園でランニングを行った一般参加者と安田さん

 同イベントは、ナイキジャパン(東京都品川区)が2002年に発足し、全国14カ所で展開するランニングコミュニティー「ナイキランニングクラブ」が、4月25日から大阪でもスタートするのを記念して行ったもの。同クラブでは「ランニングをもっと楽しく」をコンセプトに、店のスタッフや一般の参加者が約30分間のランニングを行う。参加者は最新シューズを実際に試すことができるほか、「ナイキランニングアドバイザー」から、「走れるカラダ作り」など毎月のトレーニングテーマに沿ったアドバイスを受けることができる。

[広告]

 FM802のDJ、大抜卓人さんが進行役を務めたトークショーでは、安田さんが、ナイキランニングアドバイザーで自身のトレーナーでもあるMIDORI(ミドリ)さんとともにランニングの魅力について話した。友人からの勧めで2008年からランニングを始めたという安田さんは、同年12月にホノルルマラソンを完走。これまで計3回のフルマラソン出場経験を持つ。「ランニングを始めてから健康的な生活を送るようになり、精神面でも以前より強くポジティブになってきた」という。友人やMIDORIさんと一緒にランニングをする機会も多いといい、「みんなで走ると楽しさも倍増するし、しんどい時も頑張れる」とランニング仲間の重要性について語った。

 トークショー終了後は、50人の一般参加者とともに中ノ島公園(北区)に移動し、約30分間のランニングを行った。少し汗ばむほどの陽気のなか、安田さんは参加者とも会話を交わしながら大阪でのランニングを楽しんだ。

 同社マーケティング本部コミュニケーションズ・スペシャリストの山田一成さんは「春先に何か新しいことを始めようという方、ランニングを始めたいけどなかなかきっかけがないという方など、いろいろ方に気軽に参加してほしい。走る仲間がいれば楽しく続けられる。その機会をランニングクラブが提供できれば」と話す。

 毎月第2・第4日曜開催(集合時間は8時30分)。事前申し込みは不要。

  • はてなブックマークに追加