暮らす・働く

精華小劇場、3月末で閉館へ-精華小学校跡地の売却準備で

閉館が決まった精華小劇場が入居する旧・精華小学校

閉館が決まった精華小劇場が入居する旧・精華小学校

  •  

 大阪・難波の精華小劇場(大阪市中央区難波3、TEL 06-6643-7692)が3月31日で閉館する。

同小学校跡地では毎年、盆踊り大会も行われていた

 同劇場は、1995年に廃校となった旧・精華小学校の体育館の1階部分を改修し、約200席の劇場として2004年10月にオープンしたもの。2カ月にわたる演劇祭を年回3回主催するほか、シンポジウムや地元映画祭などの場としても利用されてきた。

[広告]

 劇場事務局によると、昨年12月8日に開催された精華小劇場活用実行委員会の場で、大阪市から「精華小学校校舎の持ち主である大阪市教育委員会から来年度の利用許可が下りないため、今年度末で閉館する」旨が伝えられたという。

 2007年に大阪市が未利用地の活用方針を策定し、同小学校跡地も処分検討地(10年以内の売却予定)として位置付けていたことから、劇場事業も単年度での企画立案を続けてきており、今年4月以降の企画についても白紙の状態だった。