高島屋大阪店、全館グランドオープンは3月3日-メンズコーナー充実

3月3日に全館グランドオープンする高島屋大阪店

3月3日に全館グランドオープンする高島屋大阪店

  •  
  •  

 増床工事を続けている高島屋大阪店(大阪市中央区難波5、TEL 06-6631-1101)が3月3日、全館グランドオープンする。

 同店では2006年11月より、投資総額450億円をかけ「東館」「旧本館」「西館」を増床し「新本館」として一体化するリニューアル工事を進めている。昨年3月に第1期部分がオープンし、本館東側のなんさん通りに面する場所にあった事務所棟を増築し既存店舗と接続。売り場面積を5万6,000平方メートルから7万8,000平方メートルへと約1.4倍に拡大、5階のヤング向け服飾フロア「gokai(ゴカイ)」や、7~9階のレストラン街「なんばダイニングメゾン」が話題となった。

[広告]

 その後、順次改装工事を行い、9月に第2期部分がオープン。3階~5階を婦人服売り場として再構築、従来のミセス層に加え、30~40代のキャリアや子育て世代をターゲットにブランドを拡充したほか、1階東ゾーンには化粧品売り場を拡大オープン、そのほか地下食料品売り場の総菜コーナーを全面リニューアルした。

 3月3日のグランドオープンでは、西ゾーンの2~5階をメンズコーナーとして集約する。2階に関西初出店となるボクサーパンツ専門のセレクトショップ「アンダーキング」など靴や旅行用品、革小物などの紳士雑貨83ブランドを、3階には日本初となる「マーク バイ マークジェイコブス」のメンズショップ、百貨店初となる「ボス」のスポーツ&カジュアルライン「ボス オレンジ」 などモード系19ブランドを集約する。そのほか5階は「伝統と革新」をテーマに「エトロ」「エルメネジルド ゼニア」「バーバリー」「ダーバン」など海外のブランドを集め、40代を中心とした年齢層にアピールする。

 そのほか、中央ゾーン1~2階に婦人雑貨売り場が、6階フロアに呉服・美術・リビング売り場が、地下1階東ゾーンに和菓子・洋菓子売り場が、それぞれ完成する。増床により広くなったスペースを利用し、店内各所に約500席のいす・ソフもを設置する。グランドオープンに合わせ、修復作業が進められてきた岡本太郎さんの巨大タイル画「ダンス」を、レストランゾーン「なんばダイニングメゾン」7 階エントランスロビーに設置する。

  • はてなブックマークに追加