買う 暮らす・働く

日本一のまち歩き「大阪あそ歩」のコースマップ完成-売れ行き好調

3冊で構成する「大阪あそ歩 まち歩きマップ集」

3冊で構成する「大阪あそ歩 まち歩きマップ集」

  •  
  •  

 大阪市内各所を、地元ガイドの案内により楽しむまち歩きイベント「大阪あそ歩(ぼ)」の「まち歩き」150コースを収録したガイドマップ「大阪あそ歩 まち歩きマップ集」の売れ行きが好調だ。

 「大阪あそ歩」は、大阪市、大阪商工会議所、大阪観光コンベンション協会などにより2008年10月に発足した「大阪コミュニティ・ツーリズム推進連絡協議会」が運営する、「まち歩き」を中心とした企画の総称。2008年秋に実験的な取り組みを始め、2009年春に「まち歩き」25コース、「まち遊び」5プログラムをもって正式にスタートした。コースやプログラムは徐々に増え、4月11日~6月5日に行う同イベントでは、「まち歩き」72コース、「まち遊び」8プログラムを実施する。

[広告]

 3月15日に発売された「大阪あそ歩 まち歩きマップ集」は3冊で構成し、各50コースずつ掲載する。見開き2ページで1コースを収録しており、エリア別コース45コース、テーマ別コース5コースずつを掲載。広域なんば圏からも、「心斎橋ぶらぶらモダン散歩」「道頓堀繁盛記」「若者文化の発信拠点・アメリカ村を行く」「上方演芸隆盛の地・千日前ぶらぶら」「長堀川はなぜ消えてしまったの?」などのエリア別コースや、法善寺横丁などが登場するテーマコース「オダサクと蝶子と柳吉が歩いた『夫婦善哉』」が掲載されている。

 同書を手がけた大阪観光コンベンション協会の井村悟朗さんは「各冊初版5,000部を印刷したが、既に3,000部が売れ予想以上の売れ行き」と話す。「大阪あそ歩の参加者は今年の春で延べ1万人超える見込み。150もコースを作ることができる街は他にはないのでは。ガイドマップにも、大阪の魅力を広く深く掲載することができた」とも。

 価格は各819円。関西の大手書店57店舗で取り扱っており、広域なんば圏内では、旭屋書店「なんばCITY店」、同「なんばパークス店」、ジュンク堂書店「千日前店」、同「難波店」、ブックファースト「なんばウォーク店」、同「クリスタ長堀店」で販売中。問い合わせは、大阪あそ歩事務局(TEL 06-6282-5930、平日=10時~17時)まで。

 「大阪あそ歩」のまち歩きは、これまで毎年、春と秋に集中的に日時を決め実施してきたが、ガイドマップの発売に合わせ4月1日から、150コースの中から希望のコースを希望の日程で案内する「オーダーあそ歩」の受け付けを開始した。希望日程の2週間前までに、所定の申込用紙に記入し、事務局にファクスまたはメールで申し込む(10人以上のグループでの申し込みに限る)。

  • はてなブックマークに追加