食べる

道頓堀にローフード専門カフェ-グリーンスムージーのデリバリーも

木のテーブル・椅子で統一した店内

木のテーブル・椅子で統一した店内

  •  
  •  

 道頓堀に4月6日、ローフード専門店「cafe ol'uol'(オルオル)」(大阪市中央区道頓堀1、TEL 080-3112-4918)がオープンした。

店内にはハワイの雑貨や小物が

 ローフードは「生の食事」という意味。新鮮な食材の酵素を生かすため、調理は47度以下の加熱に抑えている。店名の「ol'uol'(オルオル)」は「心地よい毎日を送る」というハワイ語から。「酵素にはデトックスや免疫力の向上などが期待できる」ことから、「体に優しい料理を食べることでロハスなライフスタイルを過ごしてほしい」と店長の松村さん。

[広告]

 店舗面積は16坪。席数はテーブル14席で、今後カウンター席の設置も予定する。内装はハワイのテイストで統一。ハワイで購入してきた雑貨などを飾るほか、テーブル・椅子にも木製のものを使い、ロハス感覚を演出している。

 野菜の日替わりワンプレートと、グリーンスムージー(野菜とフルーツと水をブレンダーで混ぜたもの)かロースイーツを選ぶことができる「RAW LUNCH PLATE」(1000円)が「一番人気」のメニュー。1,300円でグリーンスムージーとロースイーツ両方が付くセットも可能。グリーンスムージー、ロースイーツ(以上500円)単品での提供も行っている。「家庭やオフィスで気軽に楽しんでほしい」と、グリーンスムージーのデリバリーサービスも実施。配達エリアは難波周辺で、2つ以上の注文に限る。

 「アメリカでは多くの人に認知されているローフードだが、日本ではまだまだ」と話す松村さん。自身の体験や学習から「酵素は健康にいい」と知り、「もっと多くの方に広めたい」と思ったのが今回の出店につながったという。定番の新鮮野菜のほか、旬の珍しい野菜も多く取り入れていることを心掛けている。「多くの方々に健康になっていただきたい。病気がちの方もぜひ利用していただければ」とも。

 営業時間は11時~16時。日曜・祝日定休。

  • はてなブックマークに追加