暮らす・働く

大阪のご当地ヒーロー「トライオー」道頓堀でデビュー、ネイガーも応援に

「浪速伝説トライオー」(左)と「超神ネイガー」(右)

「浪速伝説トライオー」(左)と「超神ネイガー」(右)

  • 0

  •  

 道頓堀川遊歩道「とんぼりリバーウォーク」で10月13日、大阪のご当地ヒーロー「浪速伝説トライオー」がデビューイベントを行った。

道頓堀川を船に乗って登場したトライオー

 「トライオー」は、大阪の中小企業経営者らで組織する大阪ヒーロー実行委員会(大阪市中央区)が、秋田の「超神ネイガー」、沖縄の「琉神マブヤー」の制作を手掛けた海老名保さんにプロデュースを依頼し制作したキャラクター。「阪神タイガースのトラ」「挑戦するという意味のトライ」「大阪のオー」から「トライオー」と名付け、虎に似た姿をしている。大阪各地で面白くないことを言って大阪から笑顔を奪い、大阪征服をたくらんでいる悪の集団「スベル族」から笑顔を守るために戦うというユニークな設定。

[広告]

 イベントでは、テレビ局クルーや新聞記者らが待ち構える中、トライオーは船に乗って道頓堀川に登場、グリコ看板の下で「グリコのポーズ」を決めるなどおちゃめな一面も見せた。太左衛門橋船着場からとんぼりリバーウォークに降り立ったトライオーは、スベル族の戦闘員「ゴンタコ」やボスキャラ「大阪のジョー」と戦った。戦いの途中、助っ人として先輩格の秋田のご当地ヒーロー「ネイガー」も登場。キリタンポがモチーフの武器「キリタンソード」を使い、トライオーとともにスベル族を撃退した。

 同日よりユーチューブで特撮番組「エピソードゼロ」の配信が始まったほか、今後、イベントなどへの出演も予定する。