食べる

なんばウォークに267キロの巨大チョコ指輪-千人の協力でギネス記録

虹のまち商店街振興組合理事長・小儀俊光さん(写真中央)とギネス公式認定員(右)、なんばウォークマスコットの「なんばワン」

虹のまち商店街振興組合理事長・小儀俊光さん(写真中央)とギネス公式認定員(右)、なんばウォークマスコットの「なんばワン」

  • 0

  •  

 大阪・難波の地下街「なんばウォーク」内クジラパークに、ギネス記録を達成した巨大なチョコレートオブジェが登場し、通行人らの目を楽しませている。

ギネスを達成した267キログラムの巨大チョコレート指輪

 毎年バレンタインデーに合わせてさまざまな菓子のオブジェを制作している「なんばウォーク」。今年は「ギネスにチャレンジしてみよう」(虹のまち商店街振興組合理事長の小儀俊光さん)と、愛のプレゼントから連想した巨大な指輪型のオブジェを制作。明治(東京都江東区)の協力で同社の「マーブルチョコレート」6500箱、約25万粒を準備し、通行人にメッセージボードを作ってもらいながらチョコレートを追加してもらう形をとった。

[広告]

 オブジェは8日から展示を開始。11日正午まで、延べ約1000人のカップルや親子連れが、楽しみながらギネス記録挑戦に協力した。267.4キロ、縦約1.2メートル、横約1.5メートルの巨大指輪が完成すると、集まった見物客からは歓声が。ギネス認定条件の「全てチョコレートで制作」「重さ200キロ以上」「必ず食べられる」「イベント後は全て食べること」をクリアし、「largest chocolate candy sculpture(最大のチョコレートキャンディー菓子の彫刻)」カテゴリーで世界記録を樹立した。

 ギネス公式認定員のショーン・カニーンさんは「皆さんの愛が詰まっていますね」と笑顔に。小儀理事長が「マスコットのなんばワンと併せて、なんばウォークには2つの『ナンバーワン』ができた」と笑いを誘う一幕も。

 同オブジェは14日まで、クジラパークに展示される。