見る・遊ぶ

なんばのギャラリーで大岩オスカールさんの個展-テーマは「ネスト」

「OCCUPY WALL STREET」という文字が書かれていている油絵

「OCCUPY WALL STREET」という文字が書かれていている油絵

  •  
  •  

 大阪・難波の「A.I.R 1963ビルディング」(大阪市浪速区元町1)3階にある「ギャラリーほそかわ」(TEL 06-6633-0116)で現在、日系ブラジル人アーティスト、大岩オスカールさんの個展が開催されている。

「Nest series」をテーマに2012年に描いた作品

 大岩さんは1965年ブラジル・サンパウロ生まれ。サンパウロ大学で建築を学び、東京やロンドン、ニューヨークと移住し、現代美術の作家として国際的に活躍する基盤を培ってきた。現在、ニューヨークにアトリエを構え、日本、アメリカ、ブラジル、ヨーロッパなどで活躍。2014年FIFA World Cup Brazilの公式アートポスターを手掛けるアーティストの一人として選ばれた。

[広告]

 同展は「Nest series」をテーマに、油彩とドローイングで描かれた18点を展示。作品の一つ「Domitory」は、緑の森の中の小さな隠れ家のように描かれた絵の中に「OCCUPY WALL STREET」という文字が書かれていている。「ウォール街を占拠せよ」とニューヨークで起こった抗議運動のメッセージが読み取れる。

 オーナーの細川佳洋子さんは「自然の中に人の暮らしを浮かび上がらせるような、身の回りのものをモチーフにしていて、絵をよく見ると社会的テーマも込めている絵を描かれている」と話す。

 営業時間は12時30分~18時30分。日曜・祝日定休。無料。10月24日まで。

  • はてなブックマークに追加