学ぶ・知る

なんばで共同イルミ企画「なんば光旅」-36万球のLED使う

なんばパークスでは開業以来最大規模のイルミネーションを設置

なんばパークスでは開業以来最大規模のイルミネーションを設置

  •  
  •  

 南海電鉄、高島屋、スイスホテル南海大阪は11月16日から、共同でイルミネーション企画「なんば光旅(ひかりたび)」を実施する。

なんばパークスに登場する「光の滝」

 同企画は、大阪府市統合の一環として行われるイルミネーション企画「OSAKA光のルネサンス」の民間連携として実施するもの。南海難波駅を中心に、南海ビル正面、大阪高島屋、スイスホテル南海大阪、なんばCITY、なんばパークスまでを、約36万球のLEDを使った大規模イルミネーションでつなぐ。

[広告]

 なんばパークスでは「光・水・大地」をテーマに、屋上公園パークスガーデン、キャニオンストリート、パークス通りに、開業以来最大規模のイルミネーションを設置。中でもグレイシアコートに出現する「光の滝」は日本最大級の「落差」を誇るという。

 なんばパークスとなんばCITYをつなぐ「なんばカーニバルモール」には、観覧車など遊園地のアトラクションを模したイルミネーションを設置。高島屋大阪店の屋上ガーデンには約4万球のLEDイルミネーションが登場。スイスホテル南海大阪にはパティシエが手作りするクッキーやチョコレートなどで飾りつけた高さ3メートルの「チョコレートツリー」も登場する。

 開催期間は11月16日~来年2月17日。

  • はてなブックマークに追加