見る・遊ぶ 暮らす・働く

「ミナミを恋するエリアに」-リム・カーワイ監督が大阪で映画制作中

「大阪を舞台にラブストーリーを描きたい」と話すリム・カーワイ監督

「大阪を舞台にラブストーリーを描きたい」と話すリム・カーワイ監督

  • 0

  •  

 映画監督のリム・カーワイさんが現在、大阪のミナミエリアを舞台にした映画を制作している。

道頓堀などミナミ各地で撮影が行われた

 カーワイさんはマレーシア出身の映画監督。大阪の大学を卒業後、東京で就職するも、途中で映画監督を志し退職。中国・北京で映像技術を学んだ後は、北京や香港、韓国、日本などアジア各地を行き来しながら映画制作を続けている。過去には「アフター・オール・ディーズ・イヤーズ」「マジック&ロス」などアジア各地で撮影した作品のほか、大阪・新世界を舞台にした「新世界の夜明け」を制作している。

[広告]

 今回の映画企画は昨年秋からスタートした、と話すカーワイさん。もともと「新世界の夜明け」を大阪で上映した時に知り合った人と、「大阪を舞台にした映画を作ろう」と話していた企画が、「いろんな方の協力を得て動き出した」という。「ミナミエリアを舞台にしよう」と決定し、11月から脚本を執筆。12月29日に大阪で撮影を開始した。

 作品のタイトルは「恋するミナミ(仮)」。大阪に来た香港と韓国の女性の、恋の話がテーマだという。それぞれの恋の始まりと終わりに焦点を当て、それが大阪のミナミという地で交差する様子を描いている。撮影場所は大阪のミナミエリアと韓国、香港。南海電車や関西国際空港、道頓堀など、大阪らしい場所もたくさん登場するが「今までの大阪のイメージではない、新しい大阪の雰囲気を見せたい。ミナミが若者にとって恋する場所になれば」と意気込む。

 韓国、大阪での撮影はほぼ終了し、香港での撮影を経て編集作業に入るというカーワイさん。春までの完成を目指しているという。劇場公開は秋以降になる予定。