見る・遊ぶ

なんばにAKB48、NMB48メンバー登場-ドキュメンタリー映画ヒット記念で

(左から)上西恵さん、小笠原茉由さん、加藤玲奈さん、藤江れいなさん、吉田朱里さん、小谷里歩さん

(左から)上西恵さん、小笠原茉由さん、加藤玲奈さん、藤江れいなさん、吉田朱里さん、小谷里歩さん

  • 0

  •  

 TOHOシネマズなんば(大阪市中央区難波3)で2月7日、AKB48の2012年を追ったドキュメンタリー映画「DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?」の上映前に、AKB48メンバー、NMB48メンバーが舞台あいさつを行った。

AKB48メンバー、NMB48メンバーによる舞台あいさつの様子

 東京ドーム公演、選抜総選挙、じゃんけん大会などの舞台裏や、次世代と呼ばれるメンバーの新たなセンターを巡る思い、前田敦子さんの卒業発表時の他のメンバーの心境など、2012年のAKB48に密着した同作品。登壇したのは、AKB48の加藤玲奈さん、藤江れいなさん、NMB48の小笠原茉由さん、小谷里歩さん、上西恵さん、吉田朱里さんの6人。

[広告]

 舞台あいさつでは、「2012年はどんな1年だったか?」「2012年、涙を流したエピソード」をテーマに各メンバーがトークを展開した。藤江さんは「前田敦子ちゃんの卒業が大きかった」、加藤さんは「チーム4がなくなった時には、16人全員が集まって泣いた」とエピソードを披露。小笠原さんは「2歳になっためいに、なぜか『サボテン』と呼ばれるようになった」と話し笑いを誘った。

 最後に「今年の抱負」について聞かれた藤江さんは「AKB48は第2期が始まったと言われている。メンバーが力を合わせて頑張っていきたい」とコメント。小笠原さんも「紅白の単独出場を目指して頑張っていきたい」と話すと、会場からは「頑張れ」との声援も送られた。