見る・遊ぶ

アメリカ村にモトクロス世界大会の情報発信拠点-レッドブルが開設

「RED BULL X-FIGHTERS FLAGSHIP SHOP」の店舗外観イメージ

「RED BULL X-FIGHTERS FLAGSHIP SHOP」の店舗外観イメージ

  •  
  •  

 大阪・アメリカ村の三角公園近くに3月31日、「RED BULL X-FIGHTERS FLAGSHIP SHOP(レッドブル・エックスファイターズ フラッグシップショップ)」(大阪市中央区西心斎橋1)が期間限定でオープンする。

「RED BULL X-FIGHTERS」オリジナルTシャツ

 同店は、大阪城公園・西の丸庭園の特設会場で6月1日に開催されるフリースタイル・モトクロス(FMX)の世界大会「RED BULL X-FIGHTERS OSAKA 2013」の情報発信拠点として、三角公園北側にあるビルの1階部分にオープンするもの。ファサードにはX-FIGHTERSのイメージ画像を大きく掲げる。

[広告]

 「情報提供」「参加」「体感」をキーワードにする店内には、競技の説明や大会概要、歴史、ルール、選手紹介、過去の大会の様子などをパネルや映像で見せるほか、モトクロスバイクの実物を展示。同大会のチケットやオリジナルグッズの販売や、「RED BULL X-FIGHTERS」ロゴのネイル体験コーナーも設ける。

 今後、6月1日の大会に向け、パブリックビューイングやiPadゲーム大会などのインストアイベントも予定する。

 営業時間は11時~20時。6月9日まで。

  • はてなブックマークに追加