見る・遊ぶ

阪神なんば線が5周年-三宮~賢島間で近鉄特急の臨時運行開始

阪神なんば線5周年ポスター

阪神なんば線5周年ポスター

  •  
  •  

 阪神電鉄と近鉄は3月20日、阪神なんば線の開通5周年を迎え、記念グッズの販売やイベントを行う。

警笛や走行音が鳴るサウンドトレイン

 3月20日~5月31日には「阪神×近鉄 つながって 5周年スタンプラリー」を実施。三宮、魚崎、尼崎、大阪難波、大阪上本町、生駒、近鉄奈良の各駅でスタンプを収集し、尼崎駅か大阪上本町駅でゴールした参加者に、オリジナル賞品「沿線いろはかるた」(先着5000人)を進呈する。抽選で、近鉄車両運転体験、阪神尼崎車庫見学、阪神運転士・車掌の模擬体験への招待も。

[広告]

 3月19日・23日には、阪神と近鉄がそれぞれの乗り入れ先の沿線でウオーキングし、地元の酒蔵をゴールとする「記念ウォーク」を実施する。19日は阪神主催で近鉄学園前駅を、23日は近鉄主催で阪神三宮駅をスタートとする。酒蔵では試飲も行う。

 同1日から販売する記念グッズは、「警笛」「走行音」の音を発する「阪神1000系」と「近鉄 9020系」の先頭車1両ずつをセットにした「サウンドトレイン」(1セット2,800円、数量限定)、「阪神×近鉄つながって5周年」のロゴと「神戸三宮」「近鉄奈良」の駅名標および「阪神1000系」「近鉄5820系」の車両がデザインされた「フェースタオル」(1,000円、数量限定)。

 同22日からは三宮駅~賢島駅間で、近鉄特急車両を用いた団体向け臨時列車の運行を開始する。土曜・日曜などの休日を中心に、一般募集の旅行商品や修学旅行などに、阪神線内から伊勢志摩、奈良方面また近鉄線内から神戸方面に向けて運行を予定。これを記念して、阪神なんば線の主力車両「阪神1000系」と阪神三宮駅まで乗り入れる「近鉄特急22600系」をデザインした「記念らくやんカード」(2,000円、数量限定)や三宮駅、大阪難波駅、賢島駅の入場券を台紙にセットにした入場券(440円、数量限定)を販売する。

  • はてなブックマークに追加