なんばOCATで「大阪ものづくり博」-「オバチャーン」が企業ブース視察

オバチャーンのライブ

オバチャーンのライブ

  • 0

  •  

 難波の大阪シティエアターミナル「OCAT」(大阪市浪速区湊町1)で3月13日、大阪の中小企業が参加するイベント「大阪ものづくり博」が始まった。

水を使わない足湯

[広告]

 大阪府中小企業高度ビジネス支援センターの主催。モノづくりを行う中小企業に、他企業や一般消費者と出会い新たなビジネス展開に繋がる「きっかけ」の場を提供するほか、大阪府民や子どもの参加により、ものづくりの魅力を再発見し地域を活性化することが目的。29の企業が参加した。

 地下1階のポンテ広場や1階のマルチビジョン前には24のブースを設け、「水を使わない足湯(13日のみ参加)」や「3Dフィギア」などを展示するほか、4階の難波市民学習センターでは、食品サンプルやコサージュ、カードスタンド作りなどが体験できるワークショップ、カメラの撮り方やスマートフォンの使い方などのセミナーを実施。ステージでは企業のPRや大阪のニューヒロイン「オバチャーン」が登場しライブを行った。

 企業ブースを巡回したオバチャーンは「知らないものや工夫されたもの、伝統技術から最新技術まで、いろんな発見があった」「大阪にこんなにものづくりの企業があるんだと知り、もっと広めていかないとあかんと思う。おばちゃんの口は放送局みたいなもんなので、もっと有効利用して」と話す。

 開催時間は11時~17時。14日まで。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース