阪神なんば線、地下線区間がすべてつながる-開通への準備着々と

開通準備が進められている「阪神なんば線」。写真は近鉄難波駅西方立坑部

開通準備が進められている「阪神なんば線」。写真は近鉄難波駅西方立坑部

  •  

 阪神電気鉄道と西大阪高速鉄道は3月11日、2009年春の開通を目指して整備を進めている「阪神なんば線」のすべての地下線区間(桜川~近鉄難波間)がつながったと発表した。

 「阪神なんば線」は阪神西九条駅と近鉄難波駅を結ぶ3.4キロメートルの路線で、路線上に「九条駅」「ドーム前駅」「桜川駅」の3駅を新設。完成後は、各駅で大阪市営地下鉄、JR、南海電鉄との連絡を行うほか、阪神車両の近鉄難波駅乗り入れ、また阪神三宮駅~近鉄奈良駅間で近鉄電車との相互直通運転を実施する。

[広告]

 両社はシールドマシンによる掘削工事を、第2~第4工区の3つの区間に分けて行っていた。今回、昨年7月19日に発進した第4工区(桜川~近鉄難波間)のシールドマシンが、3月10日桜川駅に到着したことで、九条~近鉄難波間のすべての地下線区間が繋がった。今後は軌道工事、電気などの設備工事を随時行い、開通までの準備を進めていくという。

 同ラインの開業後は、沿線の鉄道の利便性向上とともに、神戸方面から大阪ミナミの繁華街である難波、さらには奈良方面へのアクセスが大幅に改善され、大規模開発が進む難波地区との相乗効果が期待されている。

阪神電車、西大阪延伸線の路線名は「阪神なんば線」-駅名決まる(なんば経済新聞)阪神電車、神戸と難波・奈良をつなぐ「西大阪線」延伸開業に向けPR(なんば経済新聞)阪神なんば線阪神グループ