暮らす・働く

大阪観光局と吉本興業が提携協定 SNSで大阪の魅力発信

大阪観光局と吉本が提携協定

大阪観光局と吉本が提携協定

  •  
  •  

 大阪観光局(大阪市中央区)は11月11日、大阪の魅力を発信する取り組みの一つとして、吉本興業(大阪市中央区)と提携協定を結んだ。

提携協定を結んだ瞬間

 創業以来多くの落語家や漫才師、喜劇人を輩出し、大阪のお笑い界を盛り上げてきた吉本興業。芸人らがテレビのロケなどで大阪府内の魅力に接する機会が多いことから、今回の提携を結ぶ運びとなった。今後、全国47都道府県やアジアで活躍する「住みます芸人」も含めた吉本興業全体で、ツイッターやフェイスブックなどのSNSを用いて大阪の情報や魅力を発信していくという。

[広告]

 11日に行われた調印式では、大阪観光協会の溝畑宏理事長をはじめ、よしもとクリエイティブエージェンシー戸田義人副社長、落語家の月亭八光さん、お笑い芸人の銀シャリ、スマイル、コロコロチキンペッパーズ、ホンワカパッパ隊が登場。大阪の魅力をプレゼンするコーナーでは、溝畑理事長がしゃべる時間が長すぎて芸人らに怒られる場面や、銀シャリが「通天閣」というネタを披露したり、吉田裕さんが「大阪版の乳首ドリル」を披露したりするなどの笑いを誘う場面も。

 溝畑理事長は「私も幼少期から吉本新喜劇を活力にして育ってきた。関西の元気や活力の源である吉本興業さんとペアを組むことになり、とてもうれしい。いろいろな角度で大阪に観光に来てくださる皆さまをおもてなししていきたい」と意気込む。

  • はてなブックマークに追加