暮らす・働く

御堂筋南端「元町2丁目交差点」 空間の利用アイデア募集

「元町2丁目交差点」完成イメージ

「元町2丁目交差点」完成イメージ

  •  
  •  

 大阪市浪速区役所と国土交通省大阪国道事務所が現在、御堂筋の南端「元町2丁目交差点」(大阪市浪速区難波中1)にできる空地の活用アイデアを募集している。

 両者は現在、御堂筋の南端に位置する国道25号「元町2丁目交差点」で御堂筋共同溝の立て坑工事を実施している。工事完了後に誕生する約1300平方メートルの空間について、同区役所ではエリアのにぎわい作りなどの目的で活用事業者を募集する予定だが、公募条件を整理・検討するための資料として、一般から活用アイデアを募集することになった。

[広告]

 交差点の北側に位置する敷地はおおむね三角形で、三方ともに道路に囲まれており、交差点の北側東西方向の横断歩道から出入りする。周囲を高さ1.8メートルのフェンスで囲むほか、敷地内に地下鉄施設や道路施設、時計台などの設置物が設けられる。使用期間は2018年6月~2019年3月の予定で、1年ごとに更新し、最長で2028年3月まで。土地使用料は無償。

 アイデアは1月18日に募集を開始し、2月21日まで受け付ける。応募票と企画提案書は同区役所と同事務所のホームページに掲載しており、必要事項を記入して同区役所市民協働課に提出する。個別のアイデアに対してフィードバックは行わない予定だが、年内に行う予定の公募条件として反映するという。

 同区役所市民協働課まちづくり担当課長代理の武内真一郎さんは「今回のアイデア公募により、どんな事業展開が可能かニーズも含めて探りたい。街のにぎわいづくりや安全・安心の拠点など、地域の方々のためになる場所として活用していければ」と期待を寄せる。

  • はてなブックマークに追加