天気予報

20

13

みん経トピックス

なんばにパンケーキ専門店心斎橋に串パンケーキ店

なんばに焼き肉バル「炎家」 「昭和レトロ」をイメージした店内、「ちょい飲み」利用にも

なんばに焼き肉バル「炎家」 「昭和レトロ」をイメージした店内、「ちょい飲み」利用にも

焼肉テーブルは57席設ける

写真を拡大 地図を拡大

 大阪・なんばに3月17日、焼き肉バル「炎家(えんや)」(大阪市中央区難波1、TEL 06-6213-2986)がオープンする。経営は「ダイジェスト」(同)。

鉄板いっぱいに広がる「はみ出しちゃうかも?リブロース」

 同社の親会社「平川商事」(大阪府八尾市)では現在、「奈良健康ランド」(奈良県天理市)内に焼き肉店「炎家」を展開しており、焼き肉バル「炎家」は姉妹店となる。

 席数はテーブル席57席、カウンター席15席の計72席。店舗面積は約60坪。店内は「昭和レトロ」をイメージし、メニュー表にもスタッフが描いたレトロ風イラストを採用する。

 焼き肉メニューは、鉄板いっぱいに広がる「はみ出しちゃうかも?リブロース」(1,680円)、「リブロースどストライク」(1,280円)、セットメニュー「お得な盛り合わせ まかせてね」(3,800円)、「塩二郎作 タン専用塩で食べるタン」(880円)、「もりもりてっちゃん」(680円)など。ドリンクメニューは、「肉専用チューハイ」(各500円)、ビール(440~550円)、ハイボール(各400円)などを用意。

 カウンター席は、軽く飲みたい客や、焼き肉の後にもう少し飲みたい客の利用を想定する。バルメニューは、「タン」(580円)、「カルビ」(380円)などの串焼き、「牛肉もも」(980円)、「ラムチョップ」(1,160円)、くん製料理などを用意する。ドリンクメニューは、グラスワイン(450円~800円)、ジャーサングリア(550円)、カクテル(各500円)などを用意する。

 広報担当の真鍋さんは「あまり他店には無い珍しい部位の肉も用意する。一人での『ちょい飲み』から、団体での宴会まで幅広くご利用いただきたい」と話す。

 営業時間は、日曜~木曜=17時~23時30分、金曜・土曜・祝前日=17時~翌2時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

大阪・南船場にあるギャラリー「ソラリス」で5月2日、「井上嘉和のダンボールお面 写真展」がはじまる。鬼のダンボールお面に怖がる子どもを撮影した井上さんの作品
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング