天気予報

15

6

みん経トピックス

道頓堀に「タコベル」関西初南堀江で機械仕掛けの個展

アメ村に巨大「串パンケーキ」 長さ80センチ、まだ売れず

アメ村に巨大「串パンケーキ」 長さ80センチ、まだ売れず

通常の2倍の大きさの「デカパンボ」

写真を拡大 地図を拡大

 心斎橋・アメリカ村の「串パンケーキ」専門店「大阪カワイイPAMBO(パンボ)」(大阪市中央区西心斎橋1、TEL 06-6370-3377)で9月1日、新メニューの巨大串パンケーキ「デカパンボ」の販売が始まった。

「デカパンボ」をトッピングする様子

 2月にオープンし、大阪名物の串カツに見立てた「串パンケーキ『パンボ』」(800円)を販売する同店。

 「パンボ」は長さ40センチの棒に、直径約2.5センチのパンケーキ、イチゴ、バナナ、キウイなどのフルーツ、マシュマロを刺した物。自由にトッピングできるのが特徴で、女子高生や観光客を中心に人気を集め、多い日は1日100本以上売り上げることもあるという。

 同店オーナーの津田直樹さんのアイデアから生まれたという「デカパンボ」(1,600円)は、通常の「パンボ」の2倍の大きさで、長さ80センチの棒に通常5個使うパンケーキを10個使う。「パンボ」用のトッピング台から半分はみ出るため、店長の岸本ひろみさんは「トッピングが大変」と話す。「販売開始から購入者はまだ一人もいない」とも。

 岸本さんは「まだ『デカパンボ』の挑戦者がいないので、チャレンジしてもらうのが楽しみ」と期待を寄せる。

 営業時間は10時~20時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

吉本興業は11月22日、大阪市と市民サービスの向上と地域活性化推進を目的とした包括連携協定を締結した。吉村市長が西成区住みます芸人のガオ~ちゃんと絡む一幕も。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング