見る・遊ぶ

南海高架下「EKIKAN」にクライミングジム「グラビティリサーチ」

ボルダリングを楽しむ様子

ボルダリングを楽しむ様子

  •  
  •  

 南海難波駅~今宮戎駅間の高架下にある商業施設「なんばEKIKANプロジェクト 第4期エリア」(大阪市浪速区難波中2)に10月14日、クライミングジム「GRAVITY RESEARCH NAMBA-B(グラビティリサーチ なんばB)」(TEL 06-6626-9587)がオープンした。

傾斜140度に挑戦する様子

 南海電鉄(敷津東2)が「人と人をつなぐ」をテーマに開発を進める同施設。「第4期エリア」では、同ジムのほかイタリアン食堂「堂島グラッチェ」や中古ゴルフ用品店「ゴルフマップ」がオープン。11月1日にはパン店「オーサムベーカリー」もオープン予定。2014年4月に「第1期エリア」のオープンから進めてきた同プロジェクトは、13店舗が並ぶ商業施設に拡大した。

[広告]

 同ジムは登山用品やアウトドア用品を販売する「好日山荘」(兵庫県神戸市)が運営。全国に18店舗出店しており、会員数は約30万人。ロープを付けずに5メートル以下の壁を登るクライミング「ボルダリング」を楽しむことができる。

 店舗面積は、関西最大となる約685平方メートル。高さは最大4メートルで、最大傾斜は140度。ウオールは、横に長いものや手前に大きくせり出したもののほか、壁を横に移動する「トラバース」など4つのエリアに分かれる。コースは150~200通り用意しており、初心者からベテランまで楽しむことができるという。店内にはアウトドアライフスタイルを提案するブランド「ザ ノースフェイス」を併設し、リュックサックやアウター、Tシャツなどを販売する。

 13日に行われたプレオープンでは、会員が多く訪れ楽しむ姿が見られた。ボルダリング歴が4年以上だという大阪市在住の40代男性は「ボルダリングは気軽に達成感が味わえるのが醍醐味(だいごみ)。広々と使えるジムができてうれしいので、もっと練習して上達しようと思う」と意気込んだ。

 利用料金は、入会登録料が1,500円、1日券が一般=2,100円、大学生=1,600円、中高生=1,100円、小学生=600円、シニア(55歳以上、平日のみ)=1,100円、レディスデー(月曜・金曜)=1,100円。90分券や回数券(6回、12回)や期間券(3カ月、6カ月、12カ月)も販売する。

 営業時間は平日=12時~23時、土曜・日曜・祝日=11時~21時。

  • はてなブックマークに追加