見る・遊ぶ

心斎橋に1億円「スター・ウォーズ」カレンダー 純金と純プラチナ計10キロ使用

高さ152センチのビッグカレンダー(©& TM Lucasfilm Ltd.)

高さ152センチのビッグカレンダー(©& TM Lucasfilm Ltd.)

  •  
  •  

 大阪・心斎橋の貴金属店「GINZA TANAKA 心斎橋店」(大阪市中央区心斎橋1、TEL 06-6253-4111)で12月20日、「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」の1億円の純金と純プラチナで制作したビッグカレンダーの販売が始まった。

2018年の暦を純金と純プラチナでデザイン(©& TM Lucasfilm Ltd.)

 2005年から純金や純プラチナで制作したビッグカレンダーを販売する同店。裏面にその年に話題となったキャラクターや絵をデザインしており、今年は12月15日に公開された「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」がテーマ。純金約4.8キロと純プラチナ約5.2キロの計10キロを使って制作した。価格は1億円。純金と純プラチナを同時に使用したビッグカレンダーは同店で初めての試みとなる。

[広告]

 大きさは、高さ=152ンチ、幅=70 .5センチで、薄さは約1ミリ。表面には2018年の暦、裏面には同作に登場する「レイ」や「キャプテン・ファズマ」など12のキャラクターをデザインし、「ダークサイド」の「ファースト・オーダー」のキャラクターは純金上、「ライトサイド」の「レジスタンス」のキャラクターは純プラチナ上と分ける。暦も、純金上に1月~6月の暦と「レジスタンス」のシンボルマーク、純プラチナ上に7月~12月の暦と「ファースト・オーダー」のシンボルマークをあしらう。「スター・ウォーズの日」である5月4日には「レジスタンス」を施す工夫も。フレームは、銀河を表現したという白い線が特徴的なデザイン。店長の小川洋子さんは「技術者が、純金と純プラチナを両方使うという加工の難しさを実現したことにびっくりした」と話す。

 そのほか、「ルーク・スカイウォーカー」と「ダース・ベイダー」が対峙するシーンを表現した「スター・ウォーズ純金製 10グラム小判 ルーク・スカイウォーカーVSダース・ベイダー」(13万7,700円)や「ダース・ベイダー」と「BB-8」を純金で再現した置物など4種の「スター・ウォーズ」の商品も用意する。

 小川さんは「このカレンダーを見て、純金と純プラチナのように輝く一年にしてもらえたら」と話す。

 営業時間は10時30分~19時。展示は今月23日まで。

  • はてなブックマークに追加