買う

アメリカ村に「古着屋JAM」 心斎橋BIGSTEP「キングコングレコード」跡に

「JAM」の文字が目立つ店舗外観

「JAM」の文字が目立つ店舗外観

  •  

 大阪・アメリカ村に1月2日、古着店「古着屋JAM アメリカ村店」(大阪市中央区西心斎橋2、TEL 06-6563-7905)がオープンする。

店内の様子

 「古着屋JAM」を運営する「JAM TRADING」(西区南堀江2)は2007年設立。ネットショップのほか、実店舗を大阪と京都に6店舗(「古着屋JAM」業態4店舗、レディースコンセプト店「Elulu by JAM」1店舗、メンズコンセプト店「JAM swag store」1店舗)を構えており、同店で7店舗目の出店となる。

[広告]

 同店の出店地は、ボウリング場「心斎橋サンボウル」や「ニトリ心斎橋アメリカ村店」が入居する「心斎橋BIGSTEP south」の地下1階で、以前「キングコングレコード」が入居していた場所。店舗面積は110坪。

 10代後半~20代後半の男女をターゲットに、ミリタリー、ワーク、スポーツ、アウトドアのほか、ビンテージ商品もそろえる。バイヤーが買い付けた古着が毎日100着以上入荷するという。同店はアメリカ村という場所柄、1980~90年代のストリート色の強いアイテムに力を入れる。

 店長の堀川さんは「JAMにとっての待望のアメリカ村店。キングコングレコードさんの跡なので場所も覚えてもらいやすいのでは。カルチャーを発信する若者のまち『アメ村』らしさを意識して商品展開も豊富にしていきたい」と話す。

 営業時間は12時~20時(同2日=11時~22時、3日=11時~21時)。