買う

心斎橋に複合ブライダルビル「THE DRAPE」 会場やドレス店など集積

石田ニコルさんと高見重行さんとランウェイを歩いたモデル

石田ニコルさんと高見重行さんとランウェイを歩いたモデル

  •  

 大阪・心斎橋に8月24日、複合ブライダルビル「THE DRAPE」(大阪市中央区南船場4)がオープンした。運営はTAKAMI HOLDINGS(京都市)。

プレゼンテーションをする高見重行さん

 少子化や価値観の変化から結婚式離れが進み、挙式率が下がりブライダル市場が縮小傾向にあるとされていることから、「結婚式価値の向上」「パーティー文化の発展への貢献」「インバウンド対応と貢献」を目指し、複合ビルをオープンした。専務取締役の高見重行さんは「結婚式当日だけでなく、打ち合わせの時から客がときめくサービスを提供したい」と話す。

[広告]

 店舗は地下1階~3階で、面積は約1560平方メートル。地下1階はハワイでのリゾートウェディング相談カウンターの「モチーフ イベント デザイン」と、白無垢や色打掛、黒五つ紋付羽織袴、留め袖などを扱う「和装」。1階は高級ドレスブランド「ガリア・ラハヴ」の日本直営店にもなっている「マグノリア・ホワイト」と、レセプション、ミーティングルーム。

 2階は男性オーダースーツの「ノックス&テイラー」、男性レンタルスーツの「メンズフォーマルウェア」、ハワイでのウェディングドレスを扱う「モチーフ イベント デザイン リゾート ドレス」、国内挙式でのウェディングドレスを扱うブランドの「ヴェラ・ウォン」。3階は「ホワイトドレス」と「カラードレス」。施設内のインテリアには高見専務の私物やインポートブランドを使用するなど、こだわっているという。

 23日に行われた「新戦略プレス発表会」にはモデルの石田ニコルさんが登場。「ガリア・ラハヴ」のウェディングドレスを身にまといランウェイを歩いた。石田さんは「ハワイは落ち着き、皆が幸せになれるのでハワイの海の近くで結婚式がしたい」と話した。「日本のすてきな結婚式のやり方や繊細なところを、外国の方にも楽しんでもらいたい」とも。

 営業時間は10時~19時。火曜定休。