食べる

ウラなんばに「松阪牛焼肉M」 トリップアドバイザーで人気、ミナミ5店舗目

「松阪牛焼肉M 難波店」店舗外観。ジャパニーズモダンがテーマ

「松阪牛焼肉M 難波店」店舗外観。ジャパニーズモダンがテーマ

  •  

 「松阪牛焼肉M 難波店」(大阪市中央区難波千日前、TEL 06-6606-9887)が9月13日、ウラなんばにオープンした。

「松阪牛プレミアムコース」

 運営するライトハウス(西区)は、「Mの焼肉 福島本店」(福島区)を2004年に出店以来、店名に「M」を冠した焼き肉店、すき焼き店を展開している。ミナミエリアでは2006年に「松阪牛焼肉M 法善寺横丁店」(中央区難波1)を出店、その後、「松阪牛焼肉M 法善寺はなれ」(同)、「Mの焼肉 道頓堀店」(宗右衛門町)、「Mの牛なべ 法善寺店」(難波1)と出店し、今回で5店舗目となる。法善寺横丁店は、旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」の「外国人に人気の日本のレストラン」で2014年に第1位に選ばれるなど、特に外国人観光客の利用が多い。

[広告]

 ウラなんばエリア、なんばグランド花月の東側に位置する「難波店」は、4階建ての建物の1~3階部分、48坪の店内に72席を設ける。店舗デザインはジャパニーズモダンをテーマに、入り口は法善寺の小路をイメージしたデザインにしたほか、店内は照明を落としてシックなイメージにした。2~6人用の個室・半個室を7室設けるほか、テーブル席は間仕切りを取り払うことで、32人用までの団体客にも対応する。

 一頭買いすることで、リーズナブルな価格で松阪牛の焼き肉を提供する。部位ごとの単品注文のほか、各種盛り合わせや、豪華な「特選松阪牛ぜいたく盛り6種」(2人前=1万3,800円)も用意。野菜やご飯もの、デザートなどがセットになったコースメニューは、「スタンダードコース」(3,800円)、「スペシャルコース」(5,800円)、「プレミアムコース」(7,800円)の3種類を設ける。一品料理や、各種アルコール、ソフトドリンクも用意する(価格は全て税別)。客単価は6,000円台。

 営業時間は17時~24時。土曜・日曜・祝日は12時~15時も営業する。